リンク集

2018年6月22日 (金)

≪横浜イングリッシュガーデン≫へ・・・⑤ブルー系のバラ

なかなか本当のブルーとは言えないバラのブルー系・・・・

しかし、この微妙な色合いは良いですね。

写真ではちょっと無理かな??

042


070


072


074


075


083


090


093


Rimg0071

2018年6月21日 (木)

≪横浜イングリッシュガーデン≫へ・・・④バラ

ちょうど一週間経ってしまいました。

 

本命のバラ(薔薇)ですが・・・

  

fbのお友達が素晴らしいバラを紹介されていますので、一度行ってみたいと・・・ようやく実現しました。

   

横浜イングリッシュ・ガーデンはバラの植物園と思っていましたが、行ってみましたらアジサイが素晴らしいし、多くの種類が見られることを知りました。

  

あまり広くない園ですが、バラ、アジサイの多くの種類を見ることが出来ます。

それ以外にも楽しめます!!

 

ちょっと時間があれば、季節季節に立ち寄ってみたいですね。

  

今回はアジサイが主でしたが、バラも、特に大好きなオレンジ色の花やブルー系をいろいろと楽しめました!!!

037


027



024

043


050


059

062


095


Rimg0041


Rimg0042


Rimg0043


Rimg0048


Rimg0077


Rimg0078


Rimg0099


Rimg0102


Rimg0103

 

2018年6月20日 (水)

昨夜の日本対コロンビアのサッカーの試合を見て・・・

 

まずは勝ってよかった!!

 

通常は余程のことが無い限り日本のサッカーの試合は見ません。

 

しかし、昨夜の試合はスターティングメンバーを見て、これはいい試合になるだろうと、また得点もできそうだと・・・・

 

*その理由は最後に・・・

 

そのため、テレビ観戦を。

  

何かが有るというのは、まず開始の合図の直前にコロンビアがピッチの変更を・・・

そんなことは見たことが無い??

可笑しい???

 

そしてスタート直後、あれっと???

これは面白いと・・・・

 

期待した通り、日本が積極的に攻め込んだ。

こんなことはこれまでの試合ではまずなかった。

 

慌てた様子のコロンビアは懸命にセーブに走る。

そして、ご覧のハンドのファールとレッドカードという予想もしない展開に。

  

その時の香川選手の表情を・・・

(そのことは新聞の記事に書かれています)

 

その直後も日本は攻めていたが、絶好のシュートをミスした後、守りのサッカーを始めた。

そして、コロンビアが生き返った。

そこで日本は守勢に回り、いつもの守りのサッカーを始めてしまった。

 

その時、解説の岡田氏(?)が奇しくもここで攻めてもう一点を取らなくては駄目だと!!!・・・(全く同感)

 

しかし、それ以後、日本は無駄なパス回しで、逃げようと・・・

これを待ってましたとばかりにコロンビアは猛攻を。

 

何とか守っていた日本もとうとう失点を。

 

10人のコロンビアに対して、守るサッカーをした日本は得点の切っ掛けもなく・・・

 

そして、前半を終わった。

 

その間、ベンチにいた本田選手はイライラの表情をむき出しにして、叫んでいたのが印象的だった。

 

そして、後半の開始。

やはり10人のコロンビアを日本は守りに入って、消極的なサッカーを続けて、体力の消耗をしてゆく。

 

押され押されて、疲れの見える日本選手の動きは、ボールを持った選手と長友選手以外は棒立ちでただコロンビアの攻めるのを防ぎだけに・・・

 

そんな折に解説者はまだ負けたわけじゃない、このまま逃げ切れば勝ち点が1なのでそれでもいいと・・・ムカ~~~・・・・解説者の退場を(苦笑)

 

このままでは勝ちどころか、負けを待つばかりの雰囲気に。

 

この時のベンチの選手たちは懸命に声をかけていた。

特に本田選手は鬼のような表情であった!!!

 

疲れ果てた日本選手の姿を見て、テレビの画面に向かって、選手交代をドンドンしろよと周りを憚らず叫んでいた!!!

 

そして、ようやく本田選手が立ち上がっていた。

 

疲れ果てた香川選手と交替。

 

飛び出した本田選手はすぐさま、日本選手に向かって噛みつくような表情で怒鳴っている姿を見た時、彼はこれで何かをするのではないかと予感した???

 

まだ同点だった。

 

少し生き返った日本選手はまたも攻め始めた!!!

 

そして、突然の逆襲に焦ったコロンビアからコーナーを貰い、本田選手のキックから今回、トップに起用した大迫選手のヘッディングが決まった!!

 

こうなれば勢いを取り戻した日本と、焦り始めたコロンビアの勢いの差は歴然と・・・

 

そして、勝利の笛が!!!!!!!!!!

 

   **********************

  

ここまでは試合前には予想していなかったが、試合開始時に感じたものは的中したと思う・・・・

 

このまま、前半の開始当初のサッカーと終了間際の必死な選手の表情とサッカーを続ければ、もしかして、今後も番狂わせも????

  

  **********************

  

では、何でこんなことを書いたかを???

 

もう何年になりますか??

監督が代わってもなぜか本田選手を得点源の中心に据えてきました。

彼もいいものを持った選手ですが、決断力とキックのコントロールが悪い上、切れがない。

走る姿もドスンドスンと長靴を履いて走るように・・・苦笑

 

折角いいボールを貰い、シュートの絶好の機会であっても、周りを見回して、パスをしてしまったり、トラップをしてシュート機会を逃してしまうことがほとんどと言っていい。

 

彼にはシュートしか期待していないにもかかわらず、シュート機会を逃し、また決定的な欠点はシュートのコントロールが悪い。

また、指摘してきたボレーシュートも出来ない、しない。

 

彼を指導してきたコーチ、監督にそれを指摘し、練習させてこなかった問題があるように。

彼にむくれられると困るとかチーム内に彼に対する遠慮があるのではないかな??

 

今回の試合の前に3回の練習試合があり、最初の2試合では本田選手を中心にして、0点の完敗を。

最後の試合で、ようやく本田選手をベンチにして、香川選手を・・・・

そして、若手選手も活躍して勝利した!!!

 

これで監督も決断して大事な最初の試合で本田選手をベンチに。

 

生き生きとなった選手たちは前半最初の勢いになって、結果として勝利への階段を!!!

 

ベンチに置かれてプライドを無くして本田選手はここで闘志をむき出しにして、生き返った!!

 

これで本田選手も本来の良いものを発揮しようとしてくれれば、今後彼は一段飛躍するでしょう。

少し、遅すぎましたが、頑張ってほしい。

 

今後、日本チームは今迄のようなパス回しと守りばかりのサッカーから、攻撃のできる、シュートのできる選手の起用を・・・!!!

サッカーはシュートをして得点をしなければ勝てないし、サッカーとは言えないことを・・・

  

最後に、この試合で本田選手を先発として中心に起用していましたら、観戦はしなかったとだけ言いたい!!!

 

 

https://www.asahi.com/articles/ASL6N2JD9L6NUTQP002.html?iref=comtop_8_01

 

https://www.asahi.com/articles/ASL6M6DLGL6MUTQP030.html?iref=comtop_8_04

 

2018年6月19日 (火)

大阪の地震に思う。。。

日・月と出かけてしまいましたが、その間、またしても関西で大きな地震があり、そのニュースでもちきりでした。

  

今回も身内が近くに住んでいますので心配しましたが、幸いにも皆無事でした。

 

思えば、神戸の震災では今は亡き父母、弟、息子が被災しましたので、その対応に追われたことを思いだします。

 

しかし、奇跡的に身体的には無事でした。

今回もまた・・・

 

  

それにしても関東のこのあたりだけが大きな地震などに見舞われることが無いのが不安ですし、不気味なことも・・・????

千葉、茨木、群馬などでは噴火も含めて。いろいろなことが。

 

東海地震の近いことが報じられて相当になりますが・・・

また最近では富士山の噴火などと、不安を煽る話が???

 

しかし、このところの地震や地滑りなどでは、あれ程自信たっぷりに言っていた学者たちが、予知などに関してお手上げと言い始めているのが何とも・・・・

https://www.asahi.com/articles/ASL6L56N2L6LULZU00F.html?iref=comtop_8_08

 

         *********************

 

そんなこんなで、日曜日の囲碁の会、昨月曜日の街散策のことなどはそのうちに・・・

2018年6月17日 (日)

≪横浜イングリッシュガーデン≫へ・・・③アジサイ続き;カシワバアジサイ

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花):ここ数十年前から流行で急速に広がった種類ですが・・・
どちらかといえば、豪快な花!!

031


041

Rimg0065

Rimg0066

       +++++++++++++++
  ...
このカシワバアジサイでは、こんなことを思い出しますが・・・
 
50年程前に何かの記事で外国産の湘南地域(大磯、平塚辺り??)にだけ見られるというアジサイのことを知りました。

何とか手に入れたいと思いましたが、園芸店では無くて、当時としてはかなり高価(小さな株で5千円くらい)で・・・
 
10年ほど前に近くのお宅の庭で立派に咲いている鉢を見て写真を撮らせていただいたことを思い出しました。
 
あっという間に広がって、今ではどこにでも、公園の植栽にも。

あまり変化がなかったように思いますが、最近ではピンク色や密な花なども・・・

2018年6月16日 (土)

≪横浜イングリッシュガーデン≫へ・・・②アジサイ続き

一時、ガクアジサイが流行でしたが、最近はまた、大振りなアザレアのような改良種が・・・

園芸店では一輪が驚くほど巨大なものが・・・・

001


007


009


011


012


015


022


032


046


049

057


Rimg0044


Rimg0053

Rimg0055


Rimg0056


Rimg0059


Rimg0061


Rimg0063


Rimg0084


Rimg0086


Rimg0098

≪横浜イングリッシュガーデン≫へ・・・①アジサイ

随分以前から行きたいと思いつつなかなか行けなかった『横浜イングリッシュ・ガーデン』に初めて行ってきました。

 

相鉄線の平沼橋から徒歩10分ほど。

 

第一の感想は、このスペースに、よくまあこれだけ集めましたね!!!

  

それほど広くないのですが、網の目、迷路のような通路の両側に目いっぱいの花々がこれでもかというくらいに植えられ、咲き競っていました。

   

バラばかりだと思って行きましたが、多品種のアジサイが満開で、アジサイ・ガーデンとも言った方が・・・???

 

勿論、バラもかなり咲いていましたが、少し時期が遅いためにアジサイの豪華さに圧倒されて、影が薄いくらいでした。

 

また、竹などで日本的な雰囲気もなかなかなものですね!!!

   

その他の草木もゆっくり観察するには短時間では・・・

これなら四季折々に訪れれば楽しめるのでは。

 

これだけの植物を維持管理するには大変な労力が必要でしょう!!!

3から4か所分の植物園を圧縮したような・・・・

  

それ故、今回はアジサイを中心に、バラ、その他という映像を。

 

予想していた以上に多くの入場者が、それぞれに楽しんでいたように!!!

レストラン??で食べましたランチセットも満足でした。

また、バラのソフトクリームはバラの香りも十分で楽しめますよ!!!

  

*映像はボチボチ・・・

 

まずはガクアジサイ系のものを

013


014


051


052


054


058


068


069


Rimg0045


Rimg0046

Rimg0052


Rimg0057


Rimg0072_3


Rimg0082


Rimg0083

2018年6月14日 (木)

これは何の骨かな??

Rimg0017
  

やはりフグの一種かな??

4cm位

2018年6月13日 (水)

これは・・・???・・・ビーチコーミングの余禄もの

海浜散策の拾い物の中でこんなものも・・・何となく拾ってしまう

   

Rimg0021


Rimg0022


Rimg0024

6cmほど・・・同じようなものを以前にも・・・
 

これはフグの骨でしょうね??

その他にも面白い、不可思議なものも・・・

2018年6月11日 (月)

梅雨の雨は自然にとっては恵みの雨!!!

004

 

自分にとっても良い休養の日になりました。

 

植物たちはこの時を待ち焦がれて一生懸命に成長しています。

少ないものですが、毎日その成長の姿を見ながら元気を貰っています。

 

今年もコーヒーの花が咲き始めました。

いい香りに惹かれて虫たちが来ていましたが、昨年あたりから彼らの訪問がなくなってきましたので、受粉を手伝ってあげなければ結実しそうもありません。

夜間に来ているかもしれませんが・・・

 

ランたちも生き生きと!!!

008


まだ咲いたことが無い『オガサワラシコウラン』も元気を取り戻してきましたので、そろそろ咲いてくれるかも???

また『カクチョウラン』も今年はこれまでになく勢い良く成長していますので、来年こそは・・・

 

毎日見ていましても、あっと気が付く発見が日々あります。

006

 

台風は、いつも通り大袈裟な警告などがありましたが、雨はお湿り程度、風はほとんどなく過ぎ去ってゆくようです。

葉の無くなったウンベラータを引き取りましたが、ようやくここまで回復してきました。

002


«6月4日:⑥ツバメの子たち