リンク集

2017年7月25日 (火)

ここ横浜では雨降らずに困惑しています・・・・

今朝も水遣り・・・
    
大雨で災害の出ているところの方々には申し訳ないですが・・・・
     
こちらでは雨が降らずに水源に水がなく、節水を宣告されているということはあまり報道されませんし、知られていません・・・・...
    
先日、一度だけ夕立はありましたが、長く雨が降らない日々が続いています。
降り過ぎるのも困りますが、雨が降らないのはもっと(?)大変です。
このことは、毎年毎年、雨が降らず水不足であった数年前を思い出していただければ・・・・
   
飲み水もそうですが、農業をされている方にとって水不足の深刻さは推測の域を出ませんが、深刻です!!!
   
その結果、農産物の価格が高騰し、家庭の経済を直撃します。
また、牧草不足で高い飼料を購入しますので、間接的に乳製品の価格も・・・
       
結果的に輸入食品に頼ることになり、日本の農産業がダメージを受けることになります。
   
    *******************
    
思えば、いにしえから、為政者、名君と言われる方々は、治山治水が最大の仕事であったと言われています。
   
そのことから、現在の政治家、行政は目の前の国民の関心を引くためにだけ、政策を企画し、それを無難に施行することだけに注力してきました。

国土の保全のための長期にわたる、基本的な治山治水事業を地道に実行してこなかったことが、最近の度重なる災害につながっていると考えています。
  
今の災害の不幸を乗り越えて・・・・、今後の政治家の選択とともに、行政に対して、厳しく仕事をするように【しつける】ことを!!!!
   
行政を動かす方策は、またいつか・・・・

世界に恥をさらす安倍政権・・・いやいや、日本国民ですよ!!!

ラジオを聞いていて、呆れて・・・
   
こんなことがまかり通る国は、先進国と言われる国では、日本しかないでしょう!!!
恥かしい・・・・
     ...
どうして司直の手が入らないのかな???
ロッキード以上の巨悪なのに・・・

2017年7月24日 (月)

観葉植物『ウンベラータ』をいただく・・・

 

お客様から、観葉植物の『ウンベラータ』をいただきました。

 

 002


003


  

葉が大きなハート型をしているので、観葉植物としていま人気だそうです。

 

そういえば、先日行ったお店でも大きな鉢植えがありました。

 

フィカス・ウンベラータは、アフリカ原産のゴムの木やイチジクに近いクワ科の植物です。

枝を切ると、白い樹液が出るのも似ていますね。

ちょっと見はクサギに似ています。

寒さに弱いようですね。

 

早速、少し大きな鉢に・・・

2017年7月23日 (日)

ミニ。家庭菜園が・・・

我が家のミニ・家庭菜園では、トウガラシの仲間が実っています。

ピーマンはすでに7つほど収穫。

赤のパプリカは3つ成っていますが、一つがようやく赤く成ってきました。

009


010


   

同じプランターに植えてあるタカノツメは空に向かって突きあげるように、沢山なって、そのうちの多くが赤くなってきました。

007


   

タカノツメの収穫時期を調べましたら、全く違ったことが書かれていて???

 

・ある人は、木のまま、秋までそのままにしておき、すべてが赤くなって、実が萎んで来てから、木ごと抜いて、逆さまに吊るして干すと。

その前に、赤くなったものからもぎ取って干すと、赤い色が黒くなってしまう。

 

・別の人は、赤くなって、萎んできたものから採って、干すといいと言う。

 萎む前に採るとよくないと。

    

 

   *******************

 

結局、当初考えていたように、全てが赤くなって触ってみて、種がブツブツと感じられるようになるまで植えておき、木ごと抜いて、逆さまに干すというところに落ち着きました。

 

さて、どれが正解でしょうか??

どなたかご教示ください。

それにしても、こんなトウガラシの仲間でも、虫に食べられています。

   

    ********************

011

 

オクラは、今なお、こんなもので、何か原因があるのかな???

肥料不足ではないかと、沢山あげてみています。

2017年7月22日 (土)

フェデラーが完全復活が嬉しい!!!・・・同様に、白鵬も・・・・

テニスでは、ボルグ以来、最も素晴らしい選手と確信してきたフェデラーがウインブルトンで優勝!!!

 

それも、1セットも落とさずに・・・

試合中もどんな状況になっても、感情をおもてに出すことがほとんどなく、大人の雰囲気を。

内に秘めた闘志はすごいものがあるとは思いますが・・・・

 

そのフェデラーも少し前には、故障のために、もう時代は終ったと言われたこともありましたが復活し、今回、優勝したことを心から祝福したい!!!

またしばらくトップ選手として見られることは嬉しいことです。

その裏では並大抵の努力があったと思います。

 

      ******************

 

同じように、大相撲の世界では、白鵬が若手の台頭などで、明らかに衰え始めていると、マスコミや解説者からもしばしば言われてきましたが、見事にそんな風評を打ち消すに十分な活躍をみせています。

   

全盛時代を彷彿とさせる相撲の姿、成績を見せています。

 

そのことは、やはり並大抵の努力ではないと思われます。

 

休場したりしていた時期に、母国、モンゴルに帰って、一から鍛えなおしてきたのでしょう。

   

一時、からだの肉付きが衰え、明らかに弛んでいるように見えましたが、モンゴルから帰って、出場した先場所には見違えるような肉体に戻って、その表情も厳しくなっていました。

   

また、一時、格下と見られる相手と対戦するときには、明らかに表情が優しく、厳しさが見られなくなり、負けることも見られましたが、先場所からはそんな表情は全く見られなくなったと思うのは、小生の偏見でしょうか???

 

ともかく、その結果、大相撲に僅かに残っていた偉大な記録を塗り替えて、またしても、無人の境地を行くことになりました。

 

今の横綱、大関には、力としては白鵬を凌ぐものを持っている力士もいますが、それを継続的に発揮してゆく力士がいないのが、今場所も白鵬の独走を許している所以です。

   

強い白鵬の姿をいつまでも見たいと思う気持ちはありますが、やはり、次の世代を受け継ぐ力士の出現を期待したい!!!

 

2017年7月20日 (木)

久しぶりに『江の浦』に・・・釣果もまあまあですが、有り難くないお土産を・・・

江の浦は、少々不便なので、なかなか行けなかったのですが、連休の最終日に行ってみました。

7時と遅めの出発。

このところ、むし暑い日々が続いていますが、前日までの予報は60%が雨という???

自分の予測は曇りで、雨がパラつくかもしれない。

連休で電車はガラガラ。

現地着いたのは九時過ぎ。

釣具屋さんで聞けば、あまりと???

今日は目的を絞っていますので、そんな話は気にならず、参考までに聞いておく。

予想通り、防波堤は結構うまっていましたが、仲間に良い場所を確保して、一人、別の場所へ・・・

連休の間に多くの釣り人が入っていたのでしょうし、すでに何人かが入っていました。

そんなことは自分には問題はないと・・・

ゴロゴロした海岸を探りながらゆっくりと。

始めに来たのはよく太ったオスのベラ・・・良く引きました。

004_2

同様にこんな所という場所で次々と。

関東の皆さんはベラは持ち帰らないで捨てていますが、塩焼きにすれば何とも言えないさっぱりした魚ですから、持ち帰ります。

そのうちに、少し違った引きで上がったのは、ムラソイの良い型でした。

02582_capturef_2


003

目的のものが何とか釣れたので満足!!!

その後も、大きなベラをいくつか釣り上げて、引き味を楽しんで、何度か、転んだり、尻餅を付いたり、悪戦苦闘して仲間の場所に。

002

石の海岸を歩くのは流石に気を遣う。

一度は大転びして、向う脛を打って、腫れ上がっていました。

骨折しなくて良かった。

歳を取って、バランスが悪くなったのが悲しい。

連休中は釣り人も多いが、そばで海水浴をしているという悪条件(?)でしたが・・・

 

それでも、今回の当初の目的を達成したので、もう、満足!!!

このあたりは、渓流釣りで磨いたあることが生きたのでしょうか。

その後は夜釣りをするつもりで来ましたので、ゆっくり、皆さんの様子見を・・・

夕方になり、いつもの常連客が来て、あっという間に小振りながらカマスをバラバラ釣りあげて、目的のものが回っていないと言いながら、去ってゆきました。

我々は暗くなった防波堤で魚を追いましたが、月がなく、持って行ったカンテラなどではどうにもならないので、危険でもあり、午後8時を過ぎましたので、帰路に付く。

それぞれに満足はしましたが、夜釣りはこれきりにしようと・・・

 

電車のつながりも悪く、帰宅したのは午後12時に。

疲れました!!!

今後は、無理なことはしないことに。

 

それにしても、ここではいつもの困ったお土産をいただきます・・・・苦笑

海に居るブヨに刺されたことです。

他ではあまりいないのですが、ここ江の浦では予防はしていましたが、やはりやられてしまいました。

これから数日は痒みに悩まされます。

 

釣ったムラソイは煮付けにして、大きなベラは塩焼きで・・・最高

007


002_2

少ないながら狙ったものが釣れたのが一番です!!!

これで暑い間は海釣りはお休みです。

 

 

 

2017年7月16日 (日)

プロ野球:実力のパ、人気のセ・リーグかな???

このところ、プロ野球を見ることがありますが、人気が落ち目なのが仕方がないかなと思う???

2日間のオールスターを見ましたが、いずれも途中でテレビを切ってしまいました。

その原因は、選手のパワー不足と監督を含めてスター不在でしょうか???

様々なスポーツがあるために、関心が散らばってしまったこともありますが、今のプロ野球そのものも魅力が無くなったとは言えますね。

何と言っても、スター不在が一番です!!!

よく、メジャーにスターが行ってしまったからだという人もいますが、根本的な問題と思いますが・・・

それは今回の出場選手の顔ぶれを見れば・・・

先ず顔を知らない、名前を知らない。

この選手を見たいという人が少ない。

チームとして、応援したり、ここが勝てばという興味はありますが、どうしてもというものではない。

一方、良く言われてきた≪人気のセ、実力のパ≫ということが定着し、それが極端になっていしまっています。

投手はともかく、打者のスイングが全く段違い!!!

当てるだけの打者の多いセに比べて、パの打者はいつでもフル・スイング。

パは、オールス楽しんでいるというか、見せる野球をしています。

その意味では、メジャーに近いというのかもしれない。

真剣な顔の中にショウマン・シップがあるように。。。

一方、セの選手は真剣そのもので、深刻ささえ・・・・苦笑

リーグ戦の真剣を忘れておいて、ここはお祭りだから、思いっきりやってやろうと!!!

このままのスタイルを続けているのだろうか???

観客数は多いのに、もう少し、お祭りという雰囲気を演出しては如何!!!

2017年7月13日 (木)

ハゼの湧き具合を見に行きましたが・・・・

今年のハゼは???

    

昨年初めて、本格的にハゼに挑戦。

時期は遅かったのですが、結果は上々でした。

    

待ちかねて、育ち具合を試し釣りに行ってきました。

昨年の場所(大岡川の河口近く)に行きましたら、川の水は赤黒く濁って、悪臭が・・・・

赤潮が発生しているようでした。

試しに、あちこちに竿を出しましたが、全く反応はありません。

赤潮が流れ着いていない僅かに残った浅いところには数匹のハゼがいましたが、濁ったところには何も・・・

ただ、30cmクラスのボラが泳ぎ回っていて、苦しいのかジャンプをしていました。

ドブのような匂いがあまりにも酷いので、少し上流の野毛近くまで様子見に歩いてみましたが、赤潮と濁りで、悪臭も変わらないので、2時間余りの午後1時に・・・

    

以前からこの川のことは気になっていましたが、この川の流域は住宅地と商業地が多く、下水が流れ込んでいて、川底にたまったヘドロと赤潮の影響で、このような状態になっているのでしょう???

しかも、このところ雨も降らないので、川沿いを歩いているだけでも、この悪臭は堪らないくらいでした。

とても釣りをする気にならないと・・・・・

    

今後、ここでのハゼ釣りは?????

   

    *****************

    

こうして、これまで行った多くのところ(防波堤)で、同様の状態を知るにつけ、今後、釣りに行き、また釣った魚を食べるということになれば、限られたところになりそうです。

2017年7月11日 (火)

変わった魚を釣り上げました???

先日の釣りでは、ハゼの仲間がいろいろ釣れました。

その中でこんな魚が???

003

釣り上げた時・・・、あっ、ゴンズイだ!!!

周りでも、ゴンズイだから、危ないと・・・

しかし、針を外そうとして????

どうも、らしくない・・・

また、???の仲間と思いましたが、よく見ると、ハゼのような頭、姿???

早速、写真に収めて。

図鑑、ネットで調べても、判らない???

魚を調べてくれるサイトに書きましたが、いまだに???

一応、冷凍にして保存してありますが、何でしょう???

同じ、湘南海岸、相模湾などの波止でも、全く違ったものが釣れるので、楽しみです!!!

どなたかお分かりになったら、教えてください。

2017年7月 8日 (土)

新しい秘密の波止を下見に・・・・???

7日は、かねがね行きたいと考えていた相模湾の小さな港へ・・・・

 

新しい場所の下見のつもりでしたが、他では見られない沢山の魚影を追い掛けている内に、むきになって、真っ暗になり・・・夜釣りの経験まで(笑)

 

釣果(船釣り以外では最大のキスとハゼ数匹)は淋しいものでしたが、いままで見られなかった様々な魚影、魚群を確認し、場所とともに、新しい期待のできる場所を発見し、満足な一日でした。

 

また、ある実験をしてみると、魚の関心と興奮をさせることが出来て、面白いように食わせて釣ることが!!!

 

仲間が、足元に見える魚群を一日、懸命に釣り上げようと・・・

餌が無くなり、エサを買いに行った地元の釣り屋も見える魚は釣れないよと、冷たい話を。

 

もう帰ろうと・・・・

 

その実験をしてみると、あっという間に次々と!!!

 

 

結局、真っ暗になるまで・・・苦笑

 

また、一歩前進かな。

 

 

    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

次回はしっかり作戦を練って、仕留めたいと・・・意欲満々!!!

 

沢山釣れたら、ここに報告するかな???

しかし、さすがに疲れました。

«3日:暑さの中、都内散策・・・築地場外、相撲博物館、回向院などなど・・・