リンク集

« 横浜は≪梅雨明け≫したよ!!!・・・なのに、どうしてまだ宣言しないの???・・・誰かが言ってくれるのを待ってるように・・・ | トップページ | 今年も真夏の花が咲きはじめました・・・ハマユウ »

2016年7月 7日 (木)

黒松の盆栽が枯死???・・・マツノザイセンチュウの仕業かな???

旅の途中で見つけた小さな実生苗から育てた黒松の盆栽ですが、突然、葉が茶色くなってしまい、残念ながら枯死のようです。

後の2株は20年程前にお客様から頂いた思い出のものでしたが、これも・・・(´;ω;`)ウウ・・・

松の仲間以外の鉢植えは元気に育っていますが、この黒松の盆栽だけが突然に!!!!

025


022


024

枯れ方が一時大流行し、有名な松林が全滅したこともあるあの者によるものではないでしょうか??

その折に、その原因がマツノザイセンチュウ(マツノ材線虫病)というものによるものと言われました。

そして、そのセンチュウを運んでくるものがマツノマダラカミキリ(この仲間も)であったと???

まさか、こんなところにも・・・Σ( ゜Д゜)ハッ!

あまりに早い変化に、施しようもなかった。

そういえば、その前には、オーストラリアのサバンナ地帯に生えているヤマモガシ・ハケア・セルケアも一瞬で枯死しました。

同じ松のような葉の植物でした。

そういえば、数日前、コーヒーの木のアブラムシを退治するために、殺虫剤をかけたところ、ビロードカミキリが突然落ちてきました。

考えてみれば、ハケアの枯れたものが傍に有りましたので、これがマツノザイセンチュウを運んできて、一気に枯らしたものと思われます。

その後、なぜか今までほとんど見られなかったカミキリムシ(ラミーカミキリ、ヨツスジトラカミキリ)がそばの鉢植えの葉上で見られます。

そばの土手の雑木を切り払ってくれたので、そこに居た虫が(ムカデなども)移動してきたようです・・・アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

実生から3年経ち、今年あたり開花するのではないかと、ひそかに楽しみにしていましたが、残念です。

参考:マツ材線虫病(英名:pine wilt disease)とは、マツ属学名Pinus)を中心としたマツ科樹木に発生する感染症である。病原体は北米原産で日本を含むアジアやヨーロッパのマツ類に枯死を伴う激害をもたらしている。日本における病気の汚染地域は徐々に拡大しており、2010年以降北海道を除く本州以南の46都府県全てで確認されている。関係者の間ではマツ枯れと呼ばれることが多い。本項でも「マツ枯れ」を用いる。行政用語としては松くい虫が用いられる。

« 横浜は≪梅雨明け≫したよ!!!・・・なのに、どうしてまだ宣言しないの???・・・誰かが言ってくれるのを待ってるように・・・ | トップページ | 今年も真夏の花が咲きはじめました・・・ハマユウ »

植物・花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600226/63877682

この記事へのトラックバック一覧です: 黒松の盆栽が枯死???・・・マツノザイセンチュウの仕業かな???:

« 横浜は≪梅雨明け≫したよ!!!・・・なのに、どうしてまだ宣言しないの???・・・誰かが言ってくれるのを待ってるように・・・ | トップページ | 今年も真夏の花が咲きはじめました・・・ハマユウ »