« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

≪車を使わない日帰りの旅は、楽しいですよ!!!≫

      

いわゆる観光地だけではなく、地図を見ながら、公共交通機関と自分の足で、自分で楽しさを見つける日帰りの旅を自分で企画して・・・

勿論、自分も含めて一緒に行く仲間の趣味、楽しみを最大限に組み込みます。

帰路には、必ず、地元の美味しい食べ物を食べて、疲れを取り、心身の癒しの内容を組み込みます。 

     

必要最小限の費用で、最大の楽しみを得るという、欲張りな内容です。

           

そのため、混雑や観光地での不快な扱いなどは全く関わりなく、同じ場所であっても、いつも新しい発見を経験し、自分たちだけの満足を得る旅に。

その際、メディアの発する15分おきに変わる天気予報は参考にはしますが、それを盲信して、準備をすることはありません。

    

最も重要なことは天気の状態を自分で読み、予想することです。

慣れれば簡単なことですし、次につながる知識になります。

長年の経験から、今ではほとんど100%の確率で自分の立てた内容の旅を完遂しています。

一緒に行く仲間には、天気に対応する服装、足元、雨具、食糧(コンビニや自販機のない場所も多いので)の準備をアドバイスし、一緒に準備します。

         

最近では、現地で暖かいものを飲食するために、むかし使った簡単な携帯コンロなどを持ち込み、お茶はもちろん、お雑煮、おでんなどまで・・・(幸せ!!)

とは言っても、カップラーメンやインスタント物はなるべく使わないように。

      

飲み物は日頃飲んだ時に、すこし多めに作って、空いたペットボトルに入れて、冷蔵、冷凍庫に保管しておきます。

コーヒー、紅茶、日本茶、スープなどなど・・・

ほとんど、自販機を利用することもありません

       

また、共通に使えるものについては、荷物がダブらないように、無駄のないようにして、身軽に少しでも旅を豊かにしています。

ゴミは最小限になります。

      

こんな旅をするようになったのも、車を手放したからです

車は遊びや旅(不便なところ)には最高に便利な文明の利器ですが、それ故に、それに頼り、甘えてしまうことで、身近な、足元の素晴らしい自然や物事を見過ごしていました。

また何より、足腰の衰えを最小限に防止できますよ。

目的地以外の、通過する道すがらの素晴らしいものを大切にしています。

    

メディアでよくやっている観光名所や有名飲食店は意識的に避けています。

それは放送局(NHKと言えども)、番組制作者やタレントたちが自分たちで歩き、経験した情報ではないので、それを信じて訪れる愚かさを何度も見聞きしているからです。

もっと言えば、人気タレントや著名人は日頃から家庭料理や自分の手料理を味わったことがほとんどないと思います。

楽屋で合間に食べているのは、時間に追われてインスタント食品やてんやものを、食べるというよりかきこんでいる姿です。

その上、お金がある人は高級な(高価な)場所で、高価な料理をいただくことはあっても、彼らが食を味わっているよりも、美味しいものだと思い込んで食べているだけのものでしょう。

ここまで言ってはいけないかもしれませんが・・・

 

特に、飲食物は人により好みが違うということを勘違いして、押しかける人が多いのが・・・苦笑

 

すべては、自分流の楽しみ方を!!!

 

稀勢の里の横綱昇進におめでとうと言いたいが????

栃若時代からの相撲ファンですが、ここ近年の相撲の世界に物申したい!!!

   

これから書くことは、おそらく、厳しい批判を浴び、顰蹙を買うことになると思われますが、日本の相撲を愛すればこその事ゆえ、敢えて書きます。

     

今回の稀勢の里の横綱昇進について、今後に禍根を残すことになるでしょう????

 

 

あの名大関の魁皇はあと一歩で横綱になれるところでしたが、昇進に待ったをかけられて、とうとう横綱になれずに引退しました。

相撲ファンにとっては、残念なことでした。

しかし、惜しかったにしろ、横綱になるための条件をクリアできなかったことは仕方がなかったことです。

     

彼は、怪我が多く、休場も多かったので、もし、横綱になっていれば、怪我ゆえに十分な結果を残せなかっただろうし、早期に引退に追い詰められていたと思われます。

    

大関に留まっていたからこそ、数々の記録を残せたし、長く、彼の雄姿を見ることが出来たと思います。

そうゆう意味で、名大関であったと思う。

 

一方、稀勢の里は、日本人の横綱待望論に横綱審議委員会がのるたかちで今迄の資格ルールを甘く解釈して、昇進させてしまいました。

 

本当の実力があれば(年間最多勝をとる実力があれば)、早晩、横綱になることは出来るでしょう。

 

     ******************

     

実は、本当の気がかりなことは以下の事です!!!!

     

白鵬は卓越した横綱として、名実ともに相撲史に、いや外国人のスポーツマンとして、日本の国技ともいうべき相撲を、外国人として最も(いやいや日本人以上に)理解し、実践してくれてきた横綱です。

その意味で、一時は八百長問題などで、相撲が廃れてしまうとまで思われたものを、今日の繁栄の復活をさせてくれた功労者として評価しています。

    

しかし、あまりにも白鵬だけに頼りすぎたために、彼も人間です。

疲れとともに、いろいろな思いをしてきたと思います。

 

具体的には、これから書くことは、証明はできませんが、データとして言えることです・・・

   

一人横綱として、長く相撲界を支えてきたために・・・・

    

日馬富士が大関として、軽量にもかかわらず、精神力で健闘していましたが、怪我も多く、成績もむらがありました。

とても横綱には無理と思われましたが、白鵬以外には日本人力士や下位の力士が弱く、優勝争いが日馬富士くらいしかいない時に、白鵬が2場所続けて、日馬富士に負けて横綱昇進の条件をクリアしました。

これには文句のつけようもないでしょうが・・・

(対戦成績を見れば、こんなに実力差が・・・)

その頃の白鵬は日の出の勢いで、まったく他の力士が付け入ることすらできない実力者になっていました。

しかし、その負け方はあまりにもあっさりと、白鵬の日頃の取り口と違う日馬富士の戦法にのったものでした。

横綱昇進後の日馬富士の成績は見ての通りのムラだらけですし、怪我による休場など、満足な成績は残していません。

最近では、いつ引退するのかという有様です。

   

・次は、鶴竜の横綱昇進です。

鶴竜は横綱昇進の3場所前までは大関としても十分とは言えないような成績と無気力相撲で、とても横綱などはと思われていました。

白鵬との対戦成績も、圧倒的に白鵬のもので、太刀打ちできないものでした。

しかし、たまたま相手の不調などに恵まれて、勝ち進んでいったときに、白鵬に勝ってしまいました。

それも信じられないような白鵬の相撲で???

そして、次の場所も横綱昇進のただ一度のチャンス??に白鵬はまたも鶴竜に負けました。

それまで、連敗というものが無い横綱として君臨していましたし、円熟の域にまで達していた白鵬が圧倒的に対戦成績の良い相手に連敗を・・・・

その結果、鶴竜は横綱になりましたが、その後の成績は、とても横綱と言えるようなものではないことは皆さんも・・・

その後の白鵬との対戦を見れば・・・・苦笑

 

・そして照ノ富士の大関昇進

それまでほとんど噂にもならなかった照ノ富士があっという間に強くなってきたことは誰も疑いないところです。

しかし、白鵬にはまだ対戦成績も少ない上に、本場所でも稽古でもまったく歯が立たなかったものでした。

それが、平幕ゆえに対戦相手にも恵まれて勝ち進み、白鵬にも勝ってしまいました。

しかも、白鵬と堂々と渡り合っての勝利でした。

そして、次の場所、勢いに乗ったとはいえ、運にも恵まれて、白鵬に連勝して大関に昇進しました。

しかし、その後の照ノ富士の相撲を見れば、大怪我があったとはいえ、とても大関とは言えないものです。

 

以上の3力士は成績上は文句のつけようがない(そうかな??)と言えますが???

よく見ますと、そこに偶然と考えたいですが、白鵬の連敗というものが絡んでいます。

その上、彼等はいずれも白鵬と同じモンゴル出身の力士です。

もっと言えば、それまでの成績があまり良くないか、相撲そのものが良くない力士ばかりです。

そのためか、昇進後の成績は芳しくなく、印象も悪い上、鶴竜に至ってはいつも引退すら言われていました。

しかし、そんな折に白鵬の休場や白鵬との勝利が絡んでいます。

 

・そして、今回の稀勢の里の横綱昇進劇です。

自分も日本人の横綱を期待していましたし、稀勢の里の成長も楽しみにし、近い将来横綱への道も開けると考えていました。

あの魁皇の悲劇(??)を乗り越えて・・・

そして、前場所の成績を見ると、準優勝とはいえ、2敗をして、(全勝優勝:豪栄道)優勝には絡んでいません。

その上、またもこの2場所、先場所は白鵬が休場のために対戦なしで、今場所は勝ちましたが、やはり白鵬との対戦がカギになっています。

しかも、千秋楽の白鵬との対戦では、追い詰められて負けを確信しましたが、白鵬が見たこともないような無理な押しで、突き落としを食らったものです。

これまでの白鵬の相撲を見れば、こんなことはありえないと思う方も多いと思います。

あそこまで追い詰めて、棒立ちになった稀勢の里をなぜ無理押ししなければ???

稀勢の里にはそれしかないことは白鵬も十分に・・・しかし、食ってしまった???

 

当然、白鵬がいつも通り投げを打てば簡単に転んだと思いますし、今迄の白鵬ならば冷静に・・・。

もう一度、あの映像を見れば・・・・苦笑

 

ここで、思いめぐらしますと、本番に弱い稀勢の里というものは消えていません。

希望的には、横綱になればそれなりに落ち着き、稽古の力が出せて、横綱らしい相撲になると思いますが???

     

そこで、白鵬の思いを考えてみましょう・・・

    

朝青龍が引退し、一人横綱になって長い間の戦いで、心身ともに疲れと相撲年齢からくる衰えも感じていると思います。

また、その後になった日馬富士、鶴竜も横綱らしいものが無くなった今、また一人横綱という重荷を背負うことへの・・・・

 

   

そこで、これだけ日本人が彼の横綱を期待している今、彼が横綱になることにより、自分にかかっている実質的に一人横綱という重圧を、躱したいという思いが・・・??

 

そこで、稀勢の里の一番強いという形で、相撲を取り、押し切れなくて負けたのならば、誰も結果に異存がないものと・・・・

 

これにより、このところようやく成長してきている日本人の力士が強くなり、相撲界が繁栄して行くことになればいいのではないかとも・・・

   

うがった見方をすれば、稀勢の里よ、横綱になれば今までとは想像もつかないプレッシャーがあり、もし、負けが込めば、厳しい様々な批判にさらされて、また、横綱審議委員会や相撲協会の今回の決定についても・・・

横綱は、行く先は引退しかないということを実感してみては・・・・

 

そんなことを痛感して・・・・

今後、数場所はそんな冷たい、しかし期待半分で大相撲を見てゆきます!!!

    

稀勢の里頑張れと!!!

 

 

2017年1月27日 (金)

この時期、行きたい、したいことばかり???

肩の炎症から、少し休養していますが、もうよくなりましたので、またまた・・・

釣りにビーチコーミング、陽だまりハイクと・・・

しかし、この時期は税の申告があるので、動けないのが。

そんな中、今日は釣りに行こうとしましたが、朝からの強風は釣りどころではなく、家でウロウロ。

何となく、何も手に付かず、もやもやと。

仕方がないので、ネットの情報を探してみたり・・・いつの間にか夜に。

明日からと思いつつ、何から???

それでも、朝昼晩と食事だけは自炊で、豊かに!!!・・・苦笑

≪メグスリノキ≫の種

『メグスリノキ』の種

002


005



009

 

こんな見事な種をご存知でしたか??

カエデの仲間とはとても思えない葉姿、木ぶりですが、日本の木では最もきれいな紅葉といわれています。

上越や東北の山にはよく見られますが、身近ではほとんど見られません。

 

時折、都会でも公園などで見られることも???

 

この種が見事ですよ!!!

 

モミジの木の種はクルクル舞いながら落ちてくるのをよく見ましたが。この種は豪快ですよ!!!

 

種を拾って何回も蒔きましたが、一度も・・・・

一昨年秋に蒔いたものが昨年春に発芽した時には狂喜。

 

しかし、ラベル間違いでした・・・またも残念

ハンカチノキでした。

それはそれで嬉しかったのですが・・・

 

昨日、散策の途中で寄り道をしてみましたら、沢山の種が拾えました。

早速、蒔こうとし、種の殻を割ってみましたら・・・XXXXX

調べてみましたら、種は乾燥させないで、直ぐに蒔かなくては駄目なようです。

これまでは間違っていたようです。

 

折角ですから、播種しておこうとは思いますが、またも・・・悲しい

 

2017年1月19日 (木)

ビーチコーミングに行けない・・・皆さんの記事を見て、焦って・・・(笑)

お正月に少し浜を歩きましたが、なかなか行けないのが寂しいですね。

皆さんに記事を垣間見ると、ちょっと焦りますね???

今月中に一度行きたいですが?・・・

2017年1月18日 (水)

柴又帝釈天、矢切の渡し、寅さん、川甚の鰻・・・

毎年、初詣を兼ねて、関東のほとんどの大きな神社は訪れました。

2年程前からは、初詣としてはあまり有名ではない寺社ですが、初日の出、初釣り、初ビーチコーミング、箱根駅伝などと組み合わせて、地域としては特徴のある寺社を訪問することにしています。

今年の初詣は千葉館山の那古神社へ。

       ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

いつかは行こうと考えていたのですが・・・・

1月16日:ようやくその気になって、好天気の一日を葛飾の柴又へ。

横浜から京浜急行、京成電鉄と乗り継いで、約2時間で江戸川に近い柴又に到着。

001
02067_capture

駅前にはあの『寅さん』の立像が。

02066_capture_2

皆さん、そこからもう映画寅さんの世界へ入り込んでいました(笑)

02072_capture


02073_capture





02074_capture_102074_capture

02143_capture





02075_capture


02076_capture


02077_capture


02079_capture


02079_capture_2


02080_capture_2

02086_capture


02080_capture_3
02093_capture

02081_capture


02082_capture_1


02082_capture_4

02091_capture

02085_capture_2

すぐに帝釈天の門前町が始まって、いたるところに寅さん映画の雰囲気が充満して・・・

川崎大師と同じような店店が連なり、名物を売る店店が賑やかに。

月曜日ですから、女性と年配者が多く、いつもより少ないのでしょうが、雰囲気はなかなか。

名物の品々を覗きながら、柴又帝釈天(題経寺)に到着。

想像していた以上に大きく、立派な伽藍は十分満足させてくれました。

特にすべての建物には素晴らしい彫刻が施され、これまで見たどこよりも建築物でした。

それぞれの建物の配置なども程よく、整備もされていました。

絵馬を、そしておみくじを・・・

おみくじ筒(御神籤箱)から引き出したのは、一番札で、大吉でした!!!

002f

はじめての偶然で、八方よしという嬉しいもの・・・快哉

十分堪能して、やはり有名な『矢切の渡し』に向かう。

02100_capture_2


02101_capture


02102_capture_3


02103_capture_1

02110_capture


02109_capture

寅さんが失恋の後??、江戸川堤をどこへとも行く姿が思い出される堤の上の道を江戸川を渡る渡し船に乗るために・・・

広々とした江戸川の河川敷に、渡し船の乗り場が見える。

近くに行けば、いかにもうらぶれた渡し船を演出したような船着き場??があった。

しかし、残念ながら、土日だけの運行でした。

気持ちだけを飲み込んで、次の目的地へ。

ちょうど昼時なので、川魚料理が名物でもあるので、久しぶりに鰻を。

江戸時代から続いているという『川甚』に。

02113_capture_1

02113_capture


005

今風の鰻のかば焼きを・・・久しぶりに満足でした!!!

お腹も落ち着きましたので、後の目的場所へ。

まずは大正時代の邸宅の雰囲気を残しているという『山本亭』を巡って、『寅さん記念館』ヘ。

ここでは寅さん映画のすべてを網羅したものが見られるとかで、映画のセットとはいえ、戦後の下町の雰囲気をそのままに再現した街並みなどなどが思う存分見られます。

02121_capture


02121_capture_1


02123_capture


02124_capture


02125_capture_1


02125_capture_2


02126_capture_1


02127_capture


02129_capture_1


02131_capture


02134_capture


02137_capture


02138_capture


02139_capture


02139_capture_1

実は、寅さんの映画はスキーの観光バスの中や待合室のテレビで見たくらいで、興味もなかったのですが、当時の下町の世相を見られるところは懐かしく、親しみを感じて、ついついあれこれゆっくり巡って・・・

それを演出した山田洋二監督のミュージアムまでも・・・

柴又付近のほとんどすべてを巡った半日の終わりは、来た道の名物売りで今川焼、草団子などを。

02142_capture02141_capture

久しぶりに心も下町ムードに浸って帰路に着く。

何やらすっかり、気持ちも都会の喧騒を忘れて。

偶にはこんな気分もいいものだ・・・

2017年1月17日 (火)

神戸大震災とガンとの闘病!!!

思い起こせば、今日は神戸大震災の日でしたね。

芦屋などに家族、兄弟、親戚など大勢が住んでいましたが、物損はありましたが、奇跡的に全員無事でした。

 

その際、一報を受けてから、横浜から30数時間、一人で車を運転し、これも奇跡的にたどり着き、無事を確認した時のことが思い出されます。

 

その後、両親は無くなりましたが、他の人達は未だ何とかではありますが、健在です!!!

 

朝起きて、まず当時、芦屋で両親と暮らしていた弟に電話で・・・・

いま、実弟は重い癌の闘病生活ですが、あの凄まじい災害を生き抜いた活力、気力で、乗り切って、また釣りや山歩きが出来ることを念願しています。

 

姿は見えませんが、依然と変わらない元気な声と、話しているにつれて、活気を取り戻す様子に一安心している今です。

 

今月か2月には会おうと計画しています。

もっともっと、元気な声と姿が見られることを楽しみに!!!

 

 

2017年1月15日 (日)

おお~~寒い!!!・・・・しかし、当地は好天気・・・

昨夜は今冬一番の寒さでした。

日本海側や北日本を中心に風雪が厳しい状態が続いています。

事故や健康面の問題が起きないことを祈っています。

    

   *******************

     

考えてみれば、これらの地域は元々、冬は厳しい気候であることは有史以来のことです。

これを乗り越えて、また、この条件を味方に付けて、いろいろな特徴のある物、事を開発し発展もしてきました。

書けばきりがないくらいですが・・・・がんぎ、屋根の傾斜、融雪用の堀、氷室、一枚で防風雪に対応できる女性の防寒衣(???)、食品の保存方法、雪国に適応した栽培方法などなど

 

     

我々が若いころには、冬になると雪の状態を日々確認しながら、夜行バスなどでスキー場へ向かったものです。

5m6mは普通で、新潟の関や燕スキー場などの豪雪地帯は7mなんてことが日々のスポーツ紙に載って、それ、行こう!!!と・・・・

越後湯沢などへは3月のべた雪でも滑ったものです。

現地では、それを活用して、産業も発展したように・・・

   

その後、雪があまり降らなくなり、湯沢などでは閑古鳥が鳴き、空きマンションやホテルは二束三文で売り出されていたのを思い出します。

    

以前、これらのことをいろいろ記事に書きましたが、有史以来、我が国は四季があり、それも地域により様々なものであり、それに対応した生活様式、住居、食文化が生まれてきました。

 

それがほんの数十年の間の気候の一時的な変化に対して、先人が築いてきた様々な文化を捨て去ってしまいました。

   

そのために、雪国での風雪対応が遅れたり、無くなって、ちょっとした風雪で、大きな災害を・・・

夏の台風でも、沖縄などでは低い建物に屋根はしっかり作っている上、家の周りには頑丈な石垣を巡らしているので、ほとんど被害らしきものも聞きません。

被害のあるのは、それらの自然条件を無視した本州の都会地の建物を少し強化したようなものばかりと言われています???

    

   !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

       

2年ほど前から、昔の梅雨らしい梅雨が戻ったような気候になり、植木を育てているものにとって、理想的な成長が出来ています。

それ故、梅雨の季節にしっかり成長しているために、夏の厳しい日差しや風にも負けないようになっています。

株がしっかり育った結果、その後の秋の紅葉なども美しく、また冬芽もしっかりしたものになった結果、春には美しい芽吹きが期待されます。

 

温室でなく屋外で育てた洋ランは信じられないように株が充実した結果、素晴らしい花の開花が期待されます!!!

   

雪や雨を期待して作ったダムなども、今年は有効に働いてくれることでしょう!!!

     

 

そんな気候の自然に四季折々、仲よくした生活をしてきました結果、人間も自然に健康が維持されるように思います。

   

お陰様で今のところ、休みと言えば、自然と仲良くする生活をできることを感謝しています。

今年も継続してゆこうと・・・・・

陽だまりハイクに行きたいな!!!

今は山ビルも活動していないだろうから・・・・苦笑

この時期、ビーチコーミングに行きたいですが・・・

 

 

2017年1月12日 (木)

出掛けてばかり・・・健康の証拠かな・・・鐙摺に釣りに

1月11日:

 

メディアの天気予報は非常に寒く、風も強いと・・・

 

   ??????????????????

 

しかし、自分の予想は良い天気で、釣りには良しと!!!

冬ゆえ、寒さ対策はしっかりと。

すっかり雪のかぶった富士山を眺めながらの太公望気取り!!!

日差しが強く気温は高く(一時上着を脱いで)、風もなく、海も今迄で一番の澄みようで、絶好の釣日和でした。

底まで見える澄んだ海には、沢山の魚が群れて・・・それを眺めているだけでも気分爽快でした。

午後2時に帰路に着く。

 

   ******************

 

年初めから、天気の良い日が多く、ほとんど外出しています。

そのおかげで、身近な人がほとんど風邪をひいているとかにもかかわらず、まったく風邪しらずに!!!

そういえば何年前に風邪を引いたさえ、記憶にない。

やはり、暑さ、寒さを含めて、自然の空気をいっぱいに浴びて暮らすと、その恩恵にあずかれるということでしょうか。

もう数十年前から(記憶にないが)風邪薬を飲んだことが無い。

これからもできる限り、外気にあたって生活をして・・・・

皆さんも、そんなに生きざまをお勧めします。

自然の力は、身体に素晴らしい力をつけてくれますよ!!!

ご一緒にいかがですか。

 

    **************

 

今日も快晴、洗濯日和。

 

2017年1月 9日 (月)

昨日は午後からみぞれ交じりの雨が・・・

前夜から冷たい風が強くなりましたが、昨日は冬の雲行きで、午後にはみぞれ交じりの雨が。

年末から天候が異常なくらいに変化するので、風邪をひいている方が非常に多くなっています。

日中は久しぶりに孫と会うことになり、出かけましたが、孫の好みの回転ずしと、寒さでショッピング・モールの中で遊ぶくらいでした。

久しぶりに会う孫たちの成長している姿に癒されました!!!

一方、兄弟たちの健康状態が心配で、正月から一喜一憂しています。

もう少し暖かくなってくれれば、会いにも行きたいと・・・・

 

2017年1月 7日 (土)

初めての北条海岸ビーチコーミングは・・・・

館山では初めて歩いた北条海岸でしたが・・・

だだっ広い砂浜を沢山の足跡の中を歩きましたが、やはり目立ったものは全く無く、残り物を・・・・

ところどころには、子供たちが拾い集めて遊んだたと思われるものが放棄されたもの、吹き溜まりを探したと思われる様子がみられるところが多く、これ以上は期待できそうもないので、タクシーを呼んで、那古港へ初釣りに向かう。

それでも、持ち帰ったものをよく観察すると、意外に新しい発見が・・・

001


004

館山には一昨年から行きはじめましたが、横浜から公共交通機関で行くと、どうしても、日が高くなった時間になります。

既に、地元の方々の回った後ですから、目ぼしいもの、目だったもの、美品ものはほとんどありません。

地元の方が当たり前のように拾われているものが、意外に見つからないのがあかしですね?

それでも湘南方面では見られないもの、稀有なものが見つかるのが嬉しいですね。

取り残したものの中に、意外な発見があることもあり、自分流の探し方をしています・・・内緒(笑)

図鑑だけでは正確な種類が判りませんので、地元の方などの情報を参考に絞り込んでいますが???

いつか専門の方に同定していただこうとは思っていますが・・・

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

昨年は波止釣りに集中(???)しましたので、貝拾いはお預けでした。

釣りが、自分なりに一応、納得できる状態になりましたので、これからはまた、本命のビーチコーミングに!!!

そのついでに波止釣りも・・・・

そうそう、船釣りは今年、真鯛釣りで結果を出して、終わりにします。

一回で結果を出したいと・・・自惚れ!!!

初夢くらいにしておきます・・・

もちろん、本命の貝では、夢を現実に!!!

2017年1月 6日 (金)

3日:みなとみらい散策・・・

餌が残っているので、みなとみらいへハゼ釣りに行くも、すでに海に落ちてしまったのか、当たりすらない。

それでは、みなとみらい地区の海岸を下見を兼ねて散策。

しかし、元旦からの欲張りなスケジュールで、疲れがたまっていたのか、何でもない所で躓き、顔面制動というお粗末でした(苦笑)

02044_capture_3


02044_capture_2



02044_capture_1



02044_capture



02043_capture_1



02042_capture_1



02042_capture



02040_capture



02039_capture



02038_capture



02035_capture_1



02034_capture


2日目:大磯での箱根駅伝と釣り・・・

毎年恒例になっている箱根駅伝の応援は、今年も大磯で・・・

050

052





02018_capture


02018_capture_1


02018_capture_2

02031_capture_2


母校の健闘でいい気分で、大磯港での釣りに。

周りが何も釣れないにもかかわらず、後から行き、短時間にもかかわらず、まあまあで、初釣りは幸先良しと!!!

02033_capture_1アイナメ(初)


02032_capture_2メゴチ


帰路の酒盛りでは、いつの間にか多弁に(苦笑)

2017年1月 5日 (木)

元旦;初日の出、初詣・・・

船上からのご来光!!!

01999_capture


02002_capture

02004_capture_1


02005_capture


02007_capture


02007_capture_2


02007_capture_6


02007_capture_8


02007_capture_11


02007_capture_12


02007_capture_9


02007_capture_11_2


02007_capture_12_2


02007_capture_14


02007_capture_15


02007_capture_17


02007_capture_19


02010_capture朝日に映える富士山


02012_capture浜金谷駅から鋸山


022館山駅


030北条海岸でしばらくぶりのビーチコーミング・・・すでに多くの方が歩いた??後で、目につくものはほとんどありませんでしたが、それなりの新しい発見もありました!!!

02013_capture_1携帯コンロでお雑煮を・・・


033那古船形駅

坂東三十三観音霊場巡礼の結願寺、那古寺(那古観音)に初詣し、今年の繁栄を祈念して。

034古寺(那古観音)

037

036

003_2


043日没後のシルエット富士

2017年1月 4日 (水)

明けましておめでとうございます!!!

元旦からの3日間、いつも通り盛りだくさんのスケジュールを楽しんできました!!!

 

元旦

 

元旦しか行わない終夜運転の電車を利用して、東京湾のフェリーの上で初日の出を拝しました。

水平線には雲がありましたが、朝焼け雲から初日の出を。

その後、館山の北条海岸で初のビーチコーミングを。

そして、釣り。

その後、坂東三十三観音霊場巡礼の結願寺、那古寺(那古観音)に初詣し、今年の繁栄を祈念して。

最後は浜金谷のいつものお寿司屋でお祝い膳を!!!

 

ニ日:

 

仲間が増えて、恒例の箱根駅伝を大磯で応援。

母校はその後も健闘し、往路2位と。

その後、釣りでは一投目でアイナメを・・・メゴチ、ハゼ、キスと、幸先の良い初釣りでした。

締めくくりは海鮮料理などで乾杯を!!!

 

三日:

 

皆さんは仕事などで、一人、みなとみらいへ、ハゼ釣りを兼ねて、いろいろの下見と散策に・・・

 

     ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 

この正月3ケ日の結果は、七勝二敗と、年初めとしては良かったと・・・

しかし、最後が悪すぎでした???

両手に持った荷物のために、階段につまずき、顔面制動まで・・(がっくり)

今年も慎重に・・・

 

*映像は後程

 

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »