« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月20日 (日)

自然界に何が????

自然界に何か異常なことが起こっているように????

 

 

??????????????

    

可笑しいなと思う事例を記してみますと・・・

    

●≪黄花クンシランが根咲きしている?≫

       

これまで10年以上、厳しい条件であったこともありましたが、どんな時でも、毎年12月あたりに花軸が上がって、立派に咲いてきました。

株分けして差し上げたところでも同様と聞いていました。

それが、昨年の暮れには植え替え、株分けや寒さなどに当てることもないにもかかわらず、花が咲きませんでした。

はじめてです。

一年休んだのかなと思っていました。

その後、株分けした方から、今年は株の下の方で咲いていますと。

失礼ながら、日頃あまり育てることが上手でない方なのでと・・・・思って、気にしませんでした。

しかし、先日、我が家の親株の根元でつぼみが出ているのを発見。

その後、葉の付け根で咲きました。

更に、一昨日、同じ鉢のもう一本の株からやはり根元で咲いているのを発見。

何かおかしいと???

    

●≪コーヒーの花が蕾が付いていますが、咲かない?≫

        

今迄、蕾から開花まではあっという間でしたが、今にも咲きそうにもかかわらず、その後開花しないで、いつまでも蕾のままです。

2本の木で、それぞれに、たった一つ開花したものも結実もしない。

これまで、多くの実をつけてきました木ですが???

植え替えも、特別の環境の変化もしていない。

   

●≪月下美人が咲かないし、蕾も付かない? ≫

    

何十年もすべての株が、必ず咲いてきました月下美人に今年は未だに蕾すらついていない。

こんなことは初めてです。

孫株ですが、生育は順調です。

     

●≪ハゼの成長が早いし、大きい?≫

     

先日行った京浜運河でのハゼ釣りでは、夏休みで絶好の天気にもかかわらず、釣り人が全くいない。

ここでは時期的には早すぎるのでいないのかな??

しかし、ハゼは結構湧いていて、既に7~10cm位までが釣れます。

もちろん5cm以下のものも多いですが???

   

 ****************

         

他にもいろいろな現象が起きていますが・・・・

   

何か、我々人間には気が付かない自然の条件が変化しているようにも思えるのは、小生の考えすぎなのかな???

    

       !!!!!!!!!!!!!!!!

     

明日、レンゲショウマを見に行きますが、ここしばらくの天候不順で開花状況は遅れていて、普段ならばすでに満開から少し遅いくらいですが、今年はこれからも見られますから、ぜひお出かけを・・・

 

2017年8月19日 (土)

世界には愚か者のトップが・・・その筆頭も言うべきトランプ大統領、そして安倍首相

気違いトランプの暴走を止めるどころか、仲よくし、煽るという愚かな安倍首相の言動が、こんなことに発展している!!!

巨悪隠しの内閣を、早く、野垂れ死にさせなくては・・・

国民よ、目を覚ませ!!!!

...

2017年8月18日 (金)

民進党は、政権をとる野党になるか、自民党の亜流で行くか???

前原氏が勝ったら、民進党は瓦解するし、政権は取れない。

ほとんど、自民党と変わらない右寄りの政党に・・・

これでは日本の民主主義は終わりでしょう!!!

 

枝野氏は本当に国民目線の政党、新党を立ち上げた方がいい。

そして、理想的な国民目線の政策を発表して欲しい!!!

草すれば、彼なら必ずや政権をとれるでしょう!!!

2017年8月17日 (木)

お盆・・・精霊馬

精霊馬 : しょうりょうま、しょうりょううま

こうゆう習慣はここに住んでからお目にかかるものでした。

今日、小雨の中を散策した道すがら、古い家の前には精霊馬が置かれていました。

皆さんはすでにご承知でしょうが、自分の学習のために調べてみますと???

       

*********************

   

 このように書かれていました。

 

お盆時期に見られる、ナスやキュウリを用いて作る馬(もしくは、牛)型の人形のこと。爪楊枝や割り箸を用いて各々自宅で作られることが多い。

    

人形は、お盆時期の神霊の移動のための乗り物とされ、神霊を迎える準備品の一つとして、迎え盆(813日)の日に盆棚(このあたりでは、門前に置かれています)にそなえる。

  • キュウリの馬・・・足の速い馬に乗って早くあの世から家に帰って来られるように
  • ナスの牛・・・足の遅い牛に乗ってゆっくりあの世に戻って行くように、この世からお供物をたくさん積んで楽に帰れるように

 

地方によっては、お盆の期間中には、故人の霊魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物として、「精霊馬」(しょうりょううま)と呼ばれるきゅうりナスで作る動物を用意することがある。4本の麻幹あるいはマッチ棒、折った割り箸などを足に見立てて差し込み、として仏壇まわりや精霊棚に供物とともに配する。きゅうりは足の速い馬に見立てられ、あの世から早く家に戻ってくるように、また、ナスは歩みの遅い牛に見立てられ、この世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるように、また、供物を牛に乗せてあの世へ持ち帰ってもらうとの願いがそれぞれ込められている。

   

              ******************

 

雨で増水した川には、先般ここで書きましたカルガモが岸に寄り添っていました。

少し小振りで、まだ親鳥ではなさそうなので、以前見つけた3つのグループで合わせてちょうど15羽になるので、全て育ったようで嬉しいですね!!!

それにしてもよく降りますね。

そのため、草木も秋になったと勘違いしたのか、紅葉したり、落葉したりし始めているものもあります。

 

2017年8月13日 (日)

イチローに最後のチャンス到来かな・・・・

残り少ない時間。

早く実現し、イチローがレギュラーとして・・・

 

http://www.asahi.com/articles/GCO2017081201001127.html?iref=comtop_list_spo_n04

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00010007-fullcount-base

スポーツを見ていると、暑い夏も快適です!!!

数日前は猛暑、不快指数最高という日々でしたが、ここ数日ははっきりしない霧雨がいつも降るというところですね。

 

夜半頃には、かなり少し涼しい風も・・・

まだ、お盆だというのに、秋近しですね。

甲子園の高校野球は、今年は初戦から暑いゲームが多い。

 

また、時差の関係で夜半になりますが、世界陸上のレベルの高い実況を見ています。

日本選手がほとんど出ないので、五月蠅いタレントの解説(?)がないので、楽しめます!!!

それにしても、世界水泳、世界陸上などを見ていると、世界との距離は開く一方ですね。

日本選手は、ほとんどすべてが惨敗・・・惜敗ではない

 

その原因は、体力差だけではないですね。

このことは過去にもあちこちで書いてきましたが・・・・そのうちにまた・・・

こうならないためには、難しい理屈ではありません。

一言・・・≪本番で自己ベストを出す≫

 

マスコミのタレントが、お金をもらっているので仕方がないが・・・。

それにしても、実力以上の期待を選手にして、選手は委縮して、実力が発揮できないということが、ずっと続いている???

   

大袈裟は応援が腹立たしい・・・むか~~~

 

特に、松岡修三が出てくると、100%最悪の結果が待っている・・・苦笑

    

世界に通用しなかった選手が偉そうに解説し、たまたま一回だけ出した記録を実力として、大袈裟に身贔屓する様子には腹立たしい!!!

これは、スポーツ実況ではなく、娯楽番組と見ていますので、彼らの出ない実況放送のみを見ます。

   

    *********************

 

世界の一流選手は、本番に強いというのが本当の一流と言われる。

それ故、過去の記録だけで、それも一回だけの選考基準突破を、選手を選ぶ基準にしている日本の選考には????

 

 

2017年8月10日 (木)

これでも自公政権、安倍内閣を支持するという愚か!!!

 

現政権(安倍内閣)とこれだけの癒着の事実が、出てきたにもかかわらず、まだ自公政権を信頼しているという愚かさは、世界の驚きでしょう!!!

 

しかも、これらの事実を暴き出してきたのは、野党の努力によるものですが、その野党を支持しないという驚き!!!

 

この内容をこの国の国民はテレビというマスコミの娯楽番組と考えているのだろう!!!

 

これ等を治してくれるのは野党以外にありえないという政治の基本が、民主主義が全く解っていない民主主義を理解できない平和ボケ国民と言えるでしょう。

 

敗戦で棚ボタで、押し付けで民主主義という名目だけの仕組みを与えられたので、形式だけ、仕組みだけの民主主義が今、化けの皮がはがれている。

 

そのことを世界は『日本は戦前と何にも変わっていないし、実態は民主主義国家ではない。国民が超保守、変革を好まない国民である』と感じている。

 

それ故、今や先進諸国は日本の首相を信頼していないし、国家すら、信頼できない、信頼に値しないと見限っている。

 

それは、外交(?)の場に於いて、まともな先進諸国のトップは安倍首相を全く相手にしないし、話もしない、信頼もしていない。

 

そのことは、形式的に会談?(立ち話)していることに如実に表れている。

 

世界では、どんなに有名で努力しているトップであっても、一つでも人間として可笑しい事実や、特に癒着という事実があれば、それがマスコミ報道であっても、そのトップは一気に信頼を失い、野党に変えて、お灸をすえるというか、信頼のできる政党などに期待するという民主主義の仕組みを利用して、国民の意思を表すということを選ぶ。

 

この世界の姿を見るにつけ、日本の民主主義の底の浅さを慨嘆している。

 

どんな野党であっても、政権が不正をした場合には、それをただすことを野党に期待、やらせることで、二大政党などの仕組みが育って行くものでしょう。

 

その意味で、せっかく政権を手に入れた民主党(野党)は、長く野党であったために、それこそ岩盤規制という官僚の抵抗のために、また、自然災害という不幸な事態があったために、彼らの政策をすぐには実現できなかったというのを、直ぐに信頼できないと考えて、元の巨悪を積み重ねてきた自民政権を選び、信頼するという≪愚かさ≫に、あきらめに似た思いを・・・!!!!

http://www.asahi.com/articles/ASK86552JK86PTIL00W.html?iref=comtop_list_pol_n02

http://www.asahi.com/articles/ASK885H4QK88TIPE029.html?iref=comtop_favorite_02

ハゼの育ち具合を???

昨秋から始めたハゼ釣りでしたが、今年のハゼはどうかな???

    

何回も行った大岡川のハゼは赤潮のせいか、先日の試釣りでは全く反応もありませんでした。

その上、上流から流れ込んでいる下水やごみでヘドロがものすごく、悪臭でとても釣りをする状況ではありませんでした。

     

そこで、昔からハゼでは有名な大森海岸はどうなっているか、気になっていましたので、状況を調べに???

このあたり、平和島などの埋め立てや川の汚れなどで、ハゼの奇形などで有名になり、いくらハゼがいたとしても、釣る気にならなかったのです。

02590_edit_capture


02590_edit_capture_2


02590_edit_capture_3


02590_edit_capture_5


    

数十年経って、近年だいぶん水質もよくなり、潮干狩りや海水浴もできると聞いていましたので、今年のハゼの育ち具合と海の(京浜運河ですが)状態を見に行きました。

    

台風が近づき、釣りにならないかもしれないと思われましたが、昼ごろまででもと・・・

    

着いた時には雨も降らず、風もない絶好の条件でした。

潮は引いていましたので、底の状態はまずまずで、石にもヘドロが見られませんでした。

しかし、海底には泥が溜まっているらしく、船が通るたびに濁りで何も見えなくなります。

時折、悪臭も・・・

水の引いた石にはイガイなどがびっしりと、ホトトギスなど貝が多いのは、水が汚れているからでしょう。

    

とりあえず、竿を出すとすぐにハゼが掛かってきました。

   

しかし、この時間は潮が引いて、動かないので、当たりはあっても喰いは良くない。

    

3時間ほどはほんのポツポツくらいでしたが、潮が満ちはじめた1時ころになると、入れがかり状態になりました。

     

型も7~10cm位まで混じって順調に育っているようでした。

潮の様子を見てゆけば大釣りも・・・

さすがにこの暑さと台風報道の影響で人はほとんど見当たらない。

12時で納竿のつもりが3時まで。

    

暑さで疲れもあり、天候も変わり始めたので、帰路に就く。

これから楽しみに!!!

   

それにしても、大きなボラが目の前で始終ジャンプし、仕掛けの付近をうろうろするのが迷惑・・・苦笑

サッパも・・・

2017年8月 9日 (水)

民進党の今後????

民進党の今後については、党内野党のような人物は追い出して、まとまることでしょう!!!

 

     ********************

 

枝野氏の考え方が、民進党の、国民の望む方向、道では・・・

     

彼は民主党が政権をとる前から、政権をとってからも、ぶれていない政治家の数少ない一人・・・!!!

また、忍耐強い政治家と見える。

原発事故の対応では、地道に、正論で、素晴らしい働きを見せ、政権を支えていた。

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12145-2017080800787/

http://www.asahi.com/articles/ASK884VJ6K88UTFK00L.html?iref=comtop_list_pol_n0

 

前原氏はぶれる・・・

    

政権時代、やん場ダムの対応を見れば、自ずから彼の政治家としての姿が見える。

彼は民主党時代から、党として決まったことを支えないで、内部にいながら混乱させてきたように???

http://www.asahi.com/articles/ASK875F51K87UTFK00J.html?iref=pc_rellink

 

党内野党のように・・・・

むしろ、自民党でも右寄りくらいの政治家??

今回の選挙に負ければ、自民党に入るか、自公寄りのグループに行くのではないか。

細野氏と同様に・・・

     

2人共にルックスもいいし、しっかり支えて来ていれば、今頃、民進党はもう少し支持されていたのではないかな。

 

2017年8月 7日 (月)

世の中、第一回目の夏休みが終わって、お疲れのようです!!!

7月の終わりから今週初めまでの夏休みの方が、帰ってきました。

しかし、家庭サービスにお疲れなのか、チョット顔色が冴えませんね!!!

今はどこに行っても混雑ですから、疲れは倍増しますね。

     *****************

それ故、今は観光地や人の集まるところへは行かずに、日頃行けない身近な所へショッピングや買い物を・・・

食べることと休養を第一に、お盆が終わるあたりまでは身の回りの整理などを・・・

今年やってみましたミニ・家庭菜園は順調に生育し、トウガラシ類は何回も収穫しました。


004


006

009

タカノツメは真っ赤に色づいてきました。

005

パプリカ、ピーマンはすでに2回目の実りが楽しみです。

また、オクラは、ここ数日、急に成長を早めて、蕾が出てきました。

今年は日差しも雨も適当で、鉢植えの成長は今までになく順調ですから、木の充実が良いですね。

2017年8月 6日 (日)

外来生物の問題は???

外来生物で問題視されている代表的な生き物を思いつくままにあげてみると・・・

   

素人の小生ですらこれだけのものが、すらすらと出てきます。

   

魚類ではブラックバス、ブルーギル、各種アロワナ、アリゲーターガ―、ティラピア、ブラウントラウト、ピラニア、グッピーをはじめとする熱帯魚

   

昆虫ではホソオチョウ、外国産のカブトムシ、クワガタの仲間

アりではアルゼンチンアリ、ハアリなど、蜘蛛ではセアカゴケグモなど、蜂ではセイヨウミツバチ、ツマアカスズメバチ(対馬)、??コバチ(受粉用に導入されたもの)

 

動物ではキョン(房総半島)、グリーンアノール、アライグマ、オオサンショウウオ、ミドリガメ、カミツキガメをはじめとする各種のカメ、グリーンアノール(小笠原)

鳥ではガビチョウ、ソウシチョウ、ワカケホンセイインコ、セキセイインコ、オカメインコなどのインコの仲間

 

植物を上げればきりがない。

   

そして、実態調査、駆除を含めて、この対応を見ると、あまりにもお粗末で、お座なりなために、今ではほとんど、駆除などは不可能と思われることになっています。

 

一部の地方では、ボランティアや子供を巻き込んで、断片的に、細々とやっているというのが現状です。

 

時折、NHKが取り上げたり、民放がバラエティ番組、娯楽番組として、タレントが面白おかしく騒ぎ立てているのを見るにつけ、あまりにレベルの低い認識で、これでは解決は覚束ない。

   

今回のヒアリの侵入についてだけを考えても、今頃、何を騒いでいるのかな。

そしてその対応のお粗末さを・・・

    

たったヒアリだけのことを見ても、外来生物の侵入防止、駆除は????

彼らのアイデア、考えでは無理でしょう!!!

 

 

     *******************

 

では、この侵入防止、駆除は不可能かと言えば、そんなことはありません。

 

簡単なことです!!!

 

もし、本当に侵入、駆除に対して、聞く耳を持つならば、いくらでも具体策が考えられ、実行をすることが可能です。

その際、広がりの度合いによって、時間とコストが必要です。

 

それ以上に重要なことは、国民の意識を変えるという作業(?)が最も大切です。

 

今迄、各方面に提案し、打診してきましたが、行政の意識と同時に、住民、広く言えば国民の意識の無関心と低さに呆れるばかりです。

それ故、これ以上、一人の人間としてはたらきかける努力を空しいものと感じ、中止しました。

そこで、自分としての行動としては、身の回りの人達の意識の正確な認識に役立つような言動に限っております。

 

マスコミの視聴率稼ぎのオーバーな娯楽番組には、何の関心もありません。

オリンピックのためなどという愚かな旗印でしか、取り上げられない意識の低さとその対応に慨嘆しております。

 

 

     ?????????????????????

   

 

実は、一番の外来生物の問題は犬・猫などのペットの問題ですが、これについてはもっともっと深刻な問題で、これこそ日本人の意識レベルの低さを計るバロメーターと言えます!!!

 

このことについては、書いても書いても書ききれない程、酷い問題があります。

しかし、海外の先進諸国の対応を興味深く、関心を・・・・

 

日本でのブリーダーという可笑しな商売???

 

 

     ???????????????

   

 

今問題になっている獣医師を増やそうということでは、食生活などに必須の獣医師が不足しているのではなく、金儲けのためのペットの医師(これを医師とは?・・・笑止)が不足しているということ・・・・

 

 

 

« 2017年7月 | トップページ