« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

寒い大晦日になりました。

そのため、かえっていろいろなことが出来そうです???

朝食、洗濯

そして、新年の予定をいろいろ調べて今、ほぼ決まり>>>>>

 

これから年賀状を書いて投函。

その後、????。

今年の最後は、年越しそばを食べて、皆さん(?)と近くのお寺に初詣、除夜の鐘をつき、煩悩を打ち砕いてきます・・・()

帰宅後、朝(?)風呂に入って、初夢でも???

 

元旦はある楽しみに行きます!!!

  

2日は定例にしています箱根駅伝の応援を今年は花の2区で・・・

その後、寒川神社に改めて初詣。

その後、トラフヅクをウォッチング???

仕上げはいつもの場所で食事を。

  

3日は静かに・・・・ここで初めてお節料理を!!!

   

来年も盛りだくさんの・・・楽しみ・・・苦笑

そして、健康第一で生き生きと!!!

 

今年もここまで風邪ひとつひかずにきました。

こんな健康な身体をいただき、今は亡き父母に感謝!!!

 

 

2017年12月28日 (木)

嬉しい知らせが!!!

Image1


Image2


Image3


Image4


Image5


嬉しい知らせが!!!

  

11月に里子に行きました桜文鳥のクリちゃん(女の子)が早速お宅の文鳥と仲良くなり、3羽の子供が生まれたようです。

  

これがこの映像です。

すっかり可愛くなって・・・

  

可愛がっていただいているようで、嬉しいです。

 

新鮮野菜にお餅などを・・・・感謝!!!

002


005


004


娘の嫁ぎ先から、季節季節に自家製の野菜や果物を沢山送っていただき、申し訳なく、また、ありがたいです。

  

今回もつきたてのお餅を、キウイ、沢山の野菜、そしてお母さんが毎年漬けられている沢庵も・・・昔の自然の味です。

   

一人ではとても食べきれないので、知り合いにお分けしたりして・・・

   

すっかりととのったお正月の準備。

後は日々、ひたすら食べることに・・・

   

いつも感謝でいっぱいです!!!

  

それほど遠くもないのですが、なかなか会えない孫たちもすくすく成長しているのが何よりです。

2017年12月25日 (月)

日本の相撲(大相撲)はスポーツではないんだ!!!

ようやく分かった・・・苦笑

 

   

 

長年、大相撲を愛し、楽しんできた国民の一人として、今、冷静になって考えてみると日本の大相撲というものは、勧進相撲から発して、今の相撲になっていったことを考えると、スポーツとして根付いてきたものでないことが判る。

 

  

 

これは歴史的に見ると、日本独自のショウ、見世物として続いてきたものでしょう。

 

 

 

本当のスポーツなら、今後、黒人やタツ―を体中にしている人であっても、強ければいいことになる。

 

オリンピックはもはや人種や習慣に関係なく参加し、勝利すること、記録のみを争っている。

 

   

 

もし、人種などに制限なく参加できることになれば、今の相撲取りで生き残れるのは何人いるだろうか???

 

  

 

たとえば、アメリカン・フットボールやラグビーなどの選手たちが来れば、今の相撲取りは吹っ飛ばされて、怪我などで居なくなってしまうのでは・・・???

 

  

 

いやいや、恐れをなして辞める相撲取りが続出するでしょう???

 

   

 

これまで、相撲の歴史でいろいろな記録がでるたびに大騒ぎし、素晴らしい相撲取りと尊敬すらしてきましたが、何だったのかな???

 

  

 

   ***********************

 

   

 

日本の大相撲が相撲として、国技として存在していたのは栃若時代、柏鵬時代までと言えるのではないか。

 

 

 

外人の高見山が入り、純粋な外人が相撲界に入ってから、国技の大相撲は無くなったと言える。

 

  

 

その後、ハワイから小錦、曙、武蔵丸が、モンゴルから、東欧から、更に韓国、中国からと一見、国際的になったと感じましたが、違っていたのですね。

 

 

 

小錦が登場した時、あの千代の富士が恐怖すら感じたと言って、一気に吹き飛ばされてしまいました。

 

そして、一時はハワイの横綱が席巻、基礎体力だけで大関になった琴欧州、把瑠都、そして、モンゴル全盛時代に・・・

 

   

 

彼らに共通していることは、国では名声やお金も十分に得られないことから、日本で大関、横綱になれば、日本はもとより、母国でも名声と権力、そしてお金持ちにもなれるということで、我も我もと・・・

 

  

 

そんなこととは知らず、相撲協会は相撲部屋の親方の要望に応じて、外人をどんどん許可してきました。

 

 

 

ハワイでは有名にもお金持ちにもなれない人たちが日本に行けばそれが適うと・・・

 

  

 

しかし、それも長くは続かなかった。

 

  

 

それはそれ、やはり外人は外人で、見掛けや習慣も違うことでお金持ちになったらさっさと次々と去ってゆきました。

 

  

 

しかし、モンゴルは見掛けも似ているために、日本人と同じように思われることが幸いし、すっかり、大相撲に馴染んだように見えて、相撲界を席巻してしまいました。

 

 

 

しかし、所詮は外国人であるということを今回の事件で思い知らされて、また大相撲は世界のスポーツにならないものであることがはっきりしました。

 

  

 

自分自身、白鵬については、相撲の実力はもとより、精神的にも日本人と同じようなものを感じて応援もしてきましたし、次々と書き換える記録についても、感嘆してきました。

 

   

 

そして、彼が高額な報酬をとっていることに当然と違和感なく思っていました。

 

 

 

しかし、いま冷静に考えると、この高収入を得られることが世界に知られ、誰でも参加できると思われると、先に書いたようなフットボールやラグビーのトップレベルの選手が参入してきたときには、今の相撲取りは上位にはゆけないし、大相撲の姿は一変するのではないだろうか。

 

 

 

ここは大相撲を国技として維持するのか、一般スポーツとしてゆくのか???

 

  

 

国技としての大相撲はそれとして存続し、スポーツとして相撲は世界のものとしてゆけばいいのでは???

 

  

 

では、これまでの記録は・・・

 

ここは時計を止めて、12場所だった双葉山の時代

 

16場所になった時期の記録。

 

そして、国際的(?)になった今の記録は記録として残してゆけばいいのでは。

 

   

 

   ***********************

 

    

 

今回の傷害事件(少し前の事件も含めて)で、気が付いたこと!!!

 

   

 

記事の中で人種差別と思われるような言葉を使いましたが、日本人に判りやすくするためですから誤解の無いように・・・・

 

 

 

2017年12月24日 (日)

こんな時期に・・・・困った

昨夜、突然(予告はあったのですが)プリンターが使用不能に・・・困った

これで年賀状は手書きになるかな・・・

   

修理を依頼しようとしましたが、45年経っていますし、来年10月にはメーカーのサポートが終了するとのことで、買い換えることに。

   

今はプリンターは大変安くなっていますね。

今迄の経験からエプソンが自分には向いているように。

いろいろ調べて、印刷、コピー、スキャナーができれないいので、今迄使っていたものに近いEP-879Aに決定。

横浜の量販店に行こうと思いましたが、送料無料で、直ぐに配達もしてくれるというのでネットで。

   

この時期、横浜駅は大変な混雑で、荷物を持って(ガラガラを引いて)行くのは大変と聞いてもいました。

   

いろいろ忙しいこの時期、なるべく無駄な時間と労力は・・・・

その上、出掛けるとどうしても無駄な??買い物もしそうなので中止。

    

     !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

   

帰路に図書館に寄り、借りたものを返還し、正月用に貝の図鑑を借りてきました。

正月に溜まった貝の整理をしなければ。

 

 

トキを政争の道具に使うな!!!

恥ずかしい国家、政治家・・・怒り

 

https://www.asahi.com/articles/ASKDQ4S2PKDQUTFK00W.html?iref=comtop_list_pol_n02

2017年12月23日 (土)

男の手料理に挑戦???

昨日は前日に年末年始のために買った食材で、半日、いろいろな料理(?)に挑戦。

   

試食を含めて、楽しみました!!!

自分一人のクリスマス、正月を楽しむために・・・・

  

赤かぶの甘酢漬け、鳥のモモ焼、玉ねぎのスープ素材作り(いつでも高級ホテルのスープが作れるというもの)、鳥のレバー&ハツの甘辛煮、釣ったキス、ハゼの干物つくりなどなど。

 

そうは言っても、所詮は男の俄か料理ですので、試行錯誤と自己満足・・・()

  

最近貰った特大の銀杏で茶碗蒸しを作りたいな???

子供の頃に母親に手伝った時、何となく覚えていることを思いだしてやってみようかな???

そして、ユリ根を入れて・・・

でも、一人分を作るわけに行かないので、市販の茶わん蒸しを買ってきて、それにトッピングにするかな???

   

・・・なんて、主婦にとっては当たり前のことを・・・・(笑)

 

2017年12月22日 (金)

今年最後の釣りを・・・やはりこれを!!!

02928_capture_4

02928_capture_2

02928_capture_5

   

エサを買ったままで、もったいないし、少しだけ時間も空いたのでちょっとだけと、一番近い江ノ島に行ってきました。

  

結構釣り人は多かったのですが、以前ハゼやキスを釣ったところが空いていたので・・・

  

いつもは川からのごみと根掛かりで、釣りにならなかったのですが、この日はそれがほとんどなく・・・

  

しかし、当たりがほとんどなく、少ない当たりを掛けて貧果ながら、目的のハゼとキスを!!!

   

いつもは独特の当たりがあるのですが、なぜかどうかなと思われるくらいで、釣り上げてから驚くような状態でした。

 

川の水が多いので、寒さで水温が一気に下がったからでしょうか???

  

予定通り2時半に納竿。

   

それでも目的のものが釣れたので、満足の今年最後(?)の釣りでした!!!

  

ただ、2カ月くらい前から痛み、腫れてもいる右ひざの具合は、折角少しよくなっていたものが、また腫れが酷くなって・・・

  

やはり、長時間の立ち尽くしが右の利き足に負担になっていたようです。

   

これで原因も・・・

  

今後しばらくは休養して、完全には治らないにしても、無理をしないように・・・

 

 

2017年12月19日 (火)

毎年、新しいテーマを決めてその一年を過ごすことにしてきましたが、来年は????

以前から、山野を歩いて、運動不足の解消と山野草の観察、山野草を摘んで野草を食す楽しみを数年続けてきました。

 

その後、ビーチコーミングを始めて、3年程、貝の収拾を・・・

 

そして、一昨年の冬から海釣りに・・・

 

本牧の海釣り公園に始まり、その後、波止釣りにはまって、約一年。

 

その間、付き合いで船には2回ほど乗りましたが。

 

ようやく、自分なりにほぼ満足できるところまでになりました。

 

自分の釣りたい魚を、釣りたい場所で釣れるようになったと自己満足しています。

 

自惚れですが、目的のもの以外は釣らないことが一番の狙いと!!!

 

それは昔、渓流釣りをしていたときに、川の選択、場所の選択、仕掛け、釣り方でどんな魚が釣れるかを散々苦労してきました。

 

その経験が生きていると思っています。

 

海は魚種、条件も、場所も様々ですので、試行錯誤はこれからも続きます。

 

     **********************

 

その上で、来年からはあちこち旅をしながら、これまでの経験を生かしながら、旅をさらに複合的に楽しんでゆこうと考えています。

 

これが新年からの、これからの生き方にしようと!!!

 

そして、その楽しみに賛同してくれる方々と旅を楽しみたいと、欲張りな日々を夢見ています!!!

2017年12月16日 (土)

お正月は???・・・ミステリーツアーと箱根駅伝と???

あと数日になった今年ですが、暮れ、正月の予定を立てています。

元旦は日帰りのバスツアーで、ミステリーに・・・・

2日は未定ですが、おそらく毎年恒例になっている箱根駅伝を見ることに。

その際、ビーチコーミングか、釣りを絡ませて???

逆に31日は仕事納めで、皆さんと飲み納めかな。

そして近くに初詣かな???

お正月の料理は全て準備は終わったので、自宅でゆっくり食道楽を決め込むかな!!!

4日から仕事始めなので、3日をどう使うか天候と気分によりますね。

2017年12月12日 (火)

新巻サケ到着・・・




005


今の内に年末年始の買い物を・・・着々と・・・

新巻サケを毎年、北海道に注文・・・いま到着、早速解体し冷蔵庫に。

ようやく質のいい数の子を入手

好みのロースハムも・・・

2017年12月10日 (日)

はぜ釣りと『オオバン』の救出!!!

再度、ハゼに挑戦・・・

今回は渓流釣りの延べ竿で、繊細な辺りをキャッチ。

自信の14尾

前回よりも小振りでしたが、小さな当たりも敏感に。

細い糸、繊細な竿に、取込みの緊張は渓流釣りとまでは行かないまでも、感触は最高!!!

005_2

007

010

011

012

014

009

018

  

   *********************

   

この日は良いことをしましたよ!!!

   

釣り歩いていて、オオバンが一羽バタバタと水浴びをしているように???

よく見ると、水浴びではなく船のロープに絡まったようで、必死に逃れようとしているようでした。

そばにはもう一羽が心配そうに、しかし何もできないでそばを離れずに・・・

どうすれば???

船のロープを引いてみると、片足が何かに絡まっているようで、宙づりになってしまいました。

どうしたら???

近くには何人かの釣り人がいましたが、気が付かないように???

(後で知りましたが、実は気が付いていましたが、どうしていいか・・・何もしないでただ眺めていただけらしい)

    

一羽の鳥ですが、どうしても助けてやりたい。

船に乗り込んでロープを外して助けるか??

110番、119番も考えましたが???

   

漁港を管理しているところがあるのではないかと、竿を置き去りにして、港の反対まで誰か船の関係者がいないか探しに・・・

人影のないところを建物の中に入りますと、関係者らしい人を見つけて、話をすると早速一緒に見に来てくれました。

途中、船の持ち主などに連絡を取ったらしく、来てくれるとのこと。

    

しかし、鳥は今にも溺れてしまいそうに・・・

その方が乗り込んでくれてロープを外せるか???

どうやらはずせそうもないとのこと。

しかし、こちらからいろいろ話をしている内に、いろいろ試してくれて、どうやら船からロープを外すことに成功。

    

そのロープを引き寄せ、鳥を引き上げてみると、やはりロープに絡まった釣り糸が足に・・・・

直ぐに鋏を取りに。

鋭い野鳥の爪に気をつけながら釣り糸をり離すことが出来、ほっと。

    

鳥を放してみると、元気よく水に飛び込んで、泳いでゆきました。

少しは怪我もしているでしょうが、元気になってくれることを。

 

良かったよかった!!!

    

協力してくれたその方にお礼を言って・・・

もう少し遅かったら、オオバンは・・・・・

もう、終わりにしようとして、以前釣ったところに行ってみたところで発見しましたが、

もう少し遅ければ・・・・・

虫の知らせか、何かの縁でしょうか??

   

その後、道具を片付けていると、先ほどのオオバンらしい一羽が仲間と離れてこちらの方を見ているように????

   

何となく心が晴れ晴れとして、バスの来るまで、相模川の土手に上がって、付近を・・・・

   

夢中で写真を撮れなくて・・・・

 

ジゴニシア ムラサキコマチ(紫小町)

003


005


022


もう買うまいと思っていたが????

とうとう買いました!!!

洋ラン栽培をやめてから、今残したもの以外は買わないと決めてきましたが、あまりに印象的なこのランを見てとうとう誓いを・・・苦笑

   

こんな花が一般の花屋さんで売られているのを見て、可哀想で???

   

というのは、これを買った人が花を見た後は育て方も知らないで屋外や冷たい室内に放置したり、花の植木と一緒に地面に置いたり、じか植えしたりしてしまって、枯らしたり、病気に罹ったりして・・・

 

Zygonisia Murasakikomachi

  交配種 (Zygonisia Roquebrune × Aganisia cyanea)<RHS品種登録09/02/2004>

■ ジゴニシア ムラサキコマチ(紫小町)

 

ジゴぺタラム:「紫香蘭」(シコウラン)を親にしていますが、なかなか味わいのある紫色が素晴らしい!!

 

帰ってきてから思い出しました。

数十年前にらん展で見て欲しいと思ったことがありました。

その後、一般的に売られるようになったようですね。

   

 

2017年12月 5日 (火)

晩秋の散策・・・フユノハナワラビが満開・・・

好天気で日差しも強いので、紅葉も進んでいるだろうと、いつものコースを散策。

027


020jpgf



019



007



006

   

雑木林の中では『フユノハナワラビ』が一面に・・・これまでで一番多く出ていました。

予想通り、紅葉は最盛期になっていました。

雑木林の中を落ち葉を踏みながら、これと言った目的もなく歩きました。

杉林と違った独特の香りがいいですね。

 

028


029


031


033


035


038


040


041


042


043


046


050


この後、落葉が進むと冬の雑木林の姿となり、鳥たちの姿が良く見られます。

特に、アカゲラ、コゲラ、アオゲラのたたく音を聞きながら、この音は???かななど、忍び足でその姿を探して・・・

キジ、コジュケイも・・・そして、可愛いいエナガも・・・

水源の沢にはホタルも生息していますので、おそらくサンショウウオもいるでしょう??

   

ここは日本に返還されて、不法使用の畑も無くなり、すっかり雑木林とサバンナのような姿に落ち着いてきました。

この上は、無粋なバラ線のフェンスなどは取り払って、市民が自由に歩き回れるようにすればいいものを・・・

    

ここにはまだまだ貴重な自然が残っていますが、解放することで、市民の目で自主管理するのがいいでしょう。

性善説でゆきましょう!!!

 

 

 

神奈川県座間市の谷戸山公園を散策・・・素晴らしい!!!!

今年もあと1ヵ月を切り、一日休める日があと2日だけ・・・

   

昨日は天気も穏やかそうなので、雑木の紅葉を楽しむためにいろいろ探した挙句に座間の谷戸山公園へ出かけました。

   

座間駅では、座間駅周辺の散策コースのチラシが置いてあり、行程が5~6kmくらいというので、何となく歩いてみました。

いやいや、なかなか内容の濃い楽しいものでした!!!

 

駅近くから雑木林の風情がありブラリぶらり・・・

案内板があまりなく、チラシを見ながらあっちこっちと迷いながら、遠くに大山や丹沢山塊を見ながら・・・

 

既に周辺は住宅地ですが、あちこちに湧き水があり、その水は大変綺麗で、これまで方々の有名な湧き水を見てきましたが、住宅地の近くにありながらこれほどのところは初めてと言えるくらいのものでした。

おそらく住民の環境に対する意識と市の管理の良さによるものと感激でした。

 

特に住宅地の中を流れる小川はホタルが住んでいるらしく、貝も見られました。

ゴミ1つ無く、信じられないような清流でした。

おそらく住民の方々の日々の協力があるものだともいます。

 

また、神社などでも池には錦鯉が飼われていますが、色も鮮やかで、これも湧き水がきれいに管理されているからでしょう!!

あちこちの寺社を見ましたが、意外な発見もありました。

たとえば、坂東三十三番観音霊場の8番札所の星谷寺では素晴らしい大銀杏の紅葉や国の重要文化財の梵鐘、奉納された古い絵馬などなど、思わぬ発見でした。

  

ちょうど七五三のお祝いをしている人にあやかって、こんな写真も・・・(笑)

    

最後は谷戸山公園へ。

ゆっくり素晴らしい雑木林の紅葉を満喫しました。

これほどよく維持管理されている自然公園は初めてと言えるくらい素晴らしいものでした。

谷戸をうまく利用した池ではマガモがたくさん来ていました。

これほどのマガモの集団を街中の池で見るのも初めてでした。

昔の谷戸の姿を見事に再現、維持されているのはお見事と言えます。

 

その上、土の道や様々な場所は障害者や小さなお子様連れでも安全に歩けるように、バリアフリーが完璧なまでに・・・

 

月曜日ゆえか、人が少なく、静かな散策にはこれ以上はないともいえるものでした。

今後、四季折々に行きたいと仲間たちも・・・

谷戸山公園だけではなく、座間の街中の散策もまた・・

ホタルの時期には是非とも

   

もっとも感激的だったのは、駅前から住宅地までほとんどゴミらしいものが見当たらない。

これは今の有名観光地でも見られない素晴らしいものです。

   

また、駅周辺の駐輪場ではバイク、自転車が誰かが整理しているのではないかと思われるくらいに一糸乱れず整然と置かれていました。

     

どうすればこのような街作りが行われてきたのかと、他の行政や街作りの方々は一度訪れられるといいでしょう!!!

   

褒めすぎかもしれませんが・・・・

 

(映像は少しずつ・・・)

 

 

2017年12月 2日 (土)

日本は相変わらず、信頼性がないようだ???

象牙、ワシントン条約などの順守について、日本は世界から信頼されていないようです。

実際、身近でいろいろなことを知るたびに、当然のように・・・

野放し状態ですから・・・

http://www.asahi.com/articles/ASKD22PCNKD2ULBJ001.html?iref=comtop_8_01

2017年12月 1日 (金)

あと一月・・・・

   
今年もあっという間に過ぎ去ろうとしています。
   
それなりにいろいろなことを楽しみ、小さな挑戦もしました。...
でも、過去の整理は置き去りで、課題は残ったまんま・・・苦笑
このひと月でどこまで整理ができるか疑問ですが、来年につながることにつかいたい。
  
依然として世の中の景気は酷いものですが、そんなことに惑わされないで、自分なりの生きざまを遂行してゆこうと・・・
  
この時期、今年も喪中のはがきが・・・
お知らせのないものも含めて、寂しい現実。
  
少々、暗い話で・・・・
  
今日は気温も上がらず、本格的な冬空です。
植木も冬の姿に。
これからは室内のランの花が癒してくれます。

012


013


« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »