自然・散策・旅

2017年7月 1日 (土)

これこそ日本の梅雨・・・・

一昨年から突然、ここ横浜では、四季の内の『梅雨』が戻ったように・・・・

   

 

他の地域の方には申し訳ないですが・・・・・

   

 

それ以前の何十年かは、空梅雨(渇水、水不足)や豪雨(水害、がけ崩れなどなど)が多かったのですが・・・・

   

 

ここ数年、なぜか梅雨の時期は雨はシトシトふり、はっきり晴れることはあまりなく、晴れていても霧雨が降ってきたり、湿度の高い日々が続いています。

   

 

これが≪日本の梅雨≫という姿でした。

   

 

そのため、生き物は、特に植物は生き生きとしています。

    

 

小生にとっては、昔から、一年で一番苦手な季節ですが、自然のことを考えると、最近では嬉しい季節と・・・!!!!

      

 

やはり、この国には四季があることが一番似合いますね!!!

   

 

それ故、この間、富士山が見られる日はほとんどありません。

   

 

そうは言っても、あと少しで梅雨も明けますので、真夏の暑さに対応すろ身体作りを今の内にしておかないと、夏バテに。

 

それ故、できるだけ散策などを・・・・

 

 

2017年5月22日 (月)

散策でタケノコを・・・・

1日おいての17日。

リハビリの散歩に、近くへ。

009


010


015


016


017


021


024


   

今年最初に採った場所を通ると、タケノコが出ていた。

    

その後は、キンラン、キクラゲなどを確認に・・・

    

キンランは残りが1株だけ開花していました・・・もう今年は終わりですね。

     

帰り道の小さな竹林をのぞいてみると、タケノコがにょきにょきと。

011


013

この広い場所は米軍から返還されて数年、荒れ放題に荒れていますので、まさか???

イノシシ、クマならぬ人間が今日昨日??取り荒らした後が酷い!!!

どうしてこんなことを???

食べないなら取らなきゃいいのに・・・ムカ~~~

     

ここは数年後には何かの施設を???

そうなれば、こんな自然??は無くなると思うと、今の内に、自然を満喫しておこうと・・・

思わぬ重い収穫を。

 

2017年5月14日 (日)

梅雨入りもまじかいので、筍採りに・・・

先日に続いて、明日あたり、山里にタケノコ堀りに行こうかな。

仲間も一緒ですから、沢山採って、いろんな料理が楽しみです!!!

天候は梅雨入りに近いので、汚れ覚悟の支度で・・・

乞う期待。

2017年5月 6日 (土)

5月3日:≪泉の森≫に・・・

1日、2日とかなり忙しく、少々疲れ気味で朝寝坊をしていましたら、散歩に行こうとお誘いが・・・・

その時間からでは遠出は無理なので、久しぶりに大和の泉の森に行くことに。

大急ぎで朝食をすませて、いざ・・・・・

用心のために腰痛ベルトをしめて・・・可笑しいね!!!

    

1駅ですが、このところなかなか行く機会がなかったので、少しは変わったかな???

大和駅を降りると、ひときわ大きいジョット機の音が切れ目なく。

公園に近づくにしたがって爆音は凄まじい!!!

足元の芝桜がきれいだなと、撮影をしているのかなと思いきや???

カメラマンの放列はすぐ上空を飛び来るジョット機を撮影をしているものでした・・・()

 007


008


009


005


011


015


019


020f


022


025


027


031f


032f


036f


037f


041c


041f


043f


047f


    

 

そういえば前回来たのは、数年前にトモエガモが来ていた時でした。

怪我をして、仲間と一緒に帰れなかった1羽をボランティアの方が見守っていましたが、その後どうなったかは???

当時の写真です・・・寂しそうな姿を・・・

   

     *******************

    

連休ながら、遠出する人が多いのか、人が多くないのでゆっくりと・・・

水源に向かって遡ってゆくと、居ましたいました。

サクラのころに花見で大賑わいの場所では、バーベキューをする人人で隙間もないくらいに。

今ではテント村のようで、バーベキューのにおいが充満している中を通り過ぎて、アジサイの綺麗な川沿いを歩く。

     

アジサイはまだ・・・

やはり、釣り堀は多くの家族連れでにぎわっています。

     

川沿いのこのあたりは、カワセミの営巣地ですが・・・

鳥は見えませんが、巣穴はいくつも見えますので、抱卵中かな???

静かに、皆さんに判らないように通り過ぎて、調整池に。

      

池には水鳥はほとんど居なくなっていました。

以前はいつの季節でも多くの水鳥や野鳥がいましたが、数年前からなぜかほとんど見られなくなっていましたが、やはり・・・

シマアジが飛来した時には、全国から野鳥愛好家??が来ていたり、ミソサザイが来た時にも・・・・

    

そんな賑わいが嘘のようなカラッポな姿。

植物はかなり自然状態に近い姿のなっていますが、やはり本当の自然は回復していないのでしょう????

さまざまな花々がにぎにぎしく咲き競っていますが、チョウチョの姿は稀。

幼虫を探しましたが、全く見られない。

ザリガニ、小魚を釣る人もいました。

結局、見つけた鳥は、カルガモ、コガモの仲良し1羽づつ、オオバンが1羽、また森では1羽のシジュウカラの鳴き声が響き渡っていました。

 

昔、ソウシチョウが慣れて、カメラマンを喜ばせていたところにも行きましたが、何も・・・。

次第に腰痛も再発しそうになってきたので、ベルトをはずして、楽になってゆっくりと帰路に就く。

バーベキューでの広場以外には人も少なく、これだけの自然公園にしてはさみしいものでした。

手入れはかなりお金をかけているようですが、その割には魅力のない姿になっていたのは残念です。

次回行くことは???

     

締めくくりは大和で、昔入ったラーメン屋さんで、好みの昔のシナそばを。

(なぜか、シナの字が漢字で変換できませんが???)

5連休の初日は、こんなゆったりした様子でした。

 

2017年4月15日 (土)

タケノコ採りのつもりが、こんな話に・・・!!!

花見、野草摘み(ツクシ、ノカンゾウ、ウルイ、菜の花、ウコギ、タラの芽など)、アミガサタケ、キクラゲ、コゲラのドラミング、クロコノマチョウ再会などなど・・・

037f

039

035

044

051

033

018f

025f

060f

063

045

068

066f

079f

天候の不順から、桜は満開でした。

また、ハナモモの紅白の花も満開、カリン、ツバキなどなど、目の保養になりました。

野草摘みに夢中になって・・・

そんな中、以前一つだけ見つけた場所は、アミガサタケには絶好の場所といつも探してきましたが、見つかりませんでした。

今回は痛い腰を落ち着けて探しましたら、見つけました。

その後、付近で相当数を・・・

やはり予想どおりでした。

今後、期待できる場所として記憶に・・・

この近くでは、キクラゲも久しぶりに見つかりました。

売られているキクラゲはほとんどが中国産ですが、それでも高価ですね。

固焼きそばなど、中華系の料理には欠かせない食材なので、以前から採集した野生のもので楽しんでいます!!!

やはり、自分で採ったものは安心で、心が豊かになりますね!!!

キンラン、ギンランの群生を確かめに行きましたが、やはり少し早いようでした。

近くを大きなヒカゲチョウが飛び出したのを・・・

オオヒカゲのような大きいもの???

まさか???

幸い、近くの落ち葉にとまってくれたので・・・・

クロコノマチョウでした。

少し離れた場所で晩秋に見て以来、ちょうど10年ぶりでした。

確実に生息しているようです。

さらに、どこかで農作業の音らしい物音が???

どうもオカシイ???

雑木林の奥を見ていると、近くでコゲラが杉の幹に穴をあけている音でした。

見ているのも知らぬげに、夢中で掘り続けているのを、しばらく、楽しんでいました・・・可愛いい!!!

そんなこんなで、タケノコはだめでしたが、多くの収穫のあった、楽しい散策でした。

そうそう、菜の花を摘んでいて、足元からキジのメスが飛びだしました。

抱卵中だったのかな???

いつかまた、可愛いヒナを連れたキジの親子にめぐり会えそうです・・・

2017年3月17日 (金)

横須賀ぶらりぶらり・・・どぶ板通り、戦艦三笠・・・


昨日は釣りの予定でしたが、天気が思わしくないので、別メニューを・・・

旅のことをよく知る仲間から横須賀を歩くならお得なキップがあることを聞き、それを利用することに・・・

    

最初に、新しい釣り場の下見、その後、一度は行ってみたかった横須賀の『どぶ板通り』へ行き、そこで海軍カレーやハンバーグなどの名物料理を・・・・

    

横須賀海辺つり公園は京急堀の内駅から徒歩で10数分でした。

よく整備された公園でしたが、釣り人は10人程度いましたが、全く釣れていないようでした。

013

015

016

019


017

02233_capture(目の前には猿島が)



そういえば、昨年、行った船釣りは目の前に見える海でした。

時期が悪いようです・・・

今日は下見だけにしてよかったと。

    

次には、京急に戻って、汐入駅からどぶ板通りに。

ネットでのコメントのように、一部の飲食店以外はほとんどシャッターが下りていましたが、それなりに楽しんで歩いて・・・

022

028

037

030f

031

036
043



042



040



038

どぶ板は昔の木の板ではなく、当然、鉄製の立派なもの!!!

トランペットのデザインンは如何にも・・・

045

 

また、横須賀にゆかりの深い方々の手形がはめ込まれているのがなかなかに。

気が付かないで通り過ぎる方が多いのでは・・・

023(歌手の雪村いずみ)

025(バレリーナの森下洋子)

026(シャープ・アンド・フラッツのバンドマスター:原信夫)

034(トランペット奏者の日野皓正)

035(歌手の渡辺真知子)

047(横浜ベイスターズの守護神(大魔神):佐々木主浩)

      

朝にハンバーガーを食べましたので、昼は名物のカレーを少し外れた場所の店で食べることにしましたが、20分ほど待つという。

店の前で待つのでは・・・・

    049f

そこで、思いついて、もしや近くに昔の軍艦三笠の公園があるのではと、ぶらぶら・・・

10分ほどで、マストが見えて、三笠公園に。

     

日露戦争での日本海軍の英雄東郷平八郎の銅像が。

当時の旗艦『三笠』は思った以上に小さいですが、装甲などは頑丈ですね。

折角ゆえ、艦内を見学しました。

日露戦争はその後の侵略戦争と違ってまさに日本国土防衛の戦争であったことを詳細に・・・。




02217_capture
(三笠公園)

02219_capture_1東郷平八郎の銅像)

02219_capture(戦艦三笠)

02222_capture_1

02223_capture(船首)

02223_capture_1

02225_capture(記念艦の由来)

02227_capture

02229_capture(Z旗の説明)

02231_2(Z旗)

02231_2_2

02231_capture_2(三笠の主砲)

02230_capture

02232_capture

02228_capture

02234_capture(機雷)

02235_capture(昔の教科書でよく見た写真)

   

かなりゆったりと拝見し、そろそろ時間でもあるので、カレー屋さんに・・・

カレーは良いお肉が十分煮込まれて、なかなか美味しいものでした!!!

 

次回には、あのジャンボなハンバーグを・・・

   

十分歩き続けたので、帰路は全員熟睡・・・・

おーい。起きろ・・・着いたぞ~~!!!

2017年2月19日 (日)

≪またまた富士山ですが・・・≫大井松田の河津桜を・・・・

このところ海に行くことがほとんどで、そんな富士山を眺めていました。

2月15日は丹沢前衛の丘陵で河津ザクラが満開だと聞き、大井町松田山の西平畑公園に・・・

伊豆河津の河津ザクラが有名ですが、最近ではあちこちに植えられて、梅の開花と同じくらいに咲くことから、手軽に楽しめるようになりました。

この時期、菜の花とのコントラストがいいので、これに富士山を絡めた景色は旅のパンフレットを飾っています。

相変わらず、欲張りな内容を半日でこなそうと8時に出発。

途中、海老名でモーニングを。

9時半には小田急線の新松田に着き、この時期だけのシャトルバスに乗り込む。

始発となっていましたが、すでに臨時が2便出ていました。

狭く急な坂道をバスは喘ぎながら登る。

10分ほどで目的地に。

068

063f

006

思った以上に花色は薄いのは、南面とはいえ山の斜面なので、太平洋からの風も強いので、気温は低いからでしょうか??

伊豆の河津桜とは違った感じです。

040f

02159_f


043f


049f

02170_f


02171_f

ここ神奈川県の大井町は東名高速道路が開通したころ、東京から静岡方面に向かう時に、大井松田あたりで、山が切れて、ぱっと広がった景色はあまりに有名で、正面に富士山、左に湘南の海、この時期は桜が咲き、絵葉書や旅行のパンフレットの表紙に必ず使われたものです。

また、当時、こんな不便な場所に生命保険会社が大きなホテルのような社屋を建て、この白い建物も有名になりました。

今回の場所は、東名道路や小田急線の車窓から見えるところで、山の斜面に白いユニークな建物が特徴的で、近くを通るときにいつも何だろうと???

『松田山ハーブ館』とのこと。

066f

02169_f

02171_f_2

021f


029f


033f


02172_f

008f

013f

017f

その周りの斜面がピンクに染まっている狭い場所がそうでした。

意外に狭いところですが、どこからも富士山が眺められて、やはりフジは日本一の山!!!

022f


02162_f



028f



025f



023f



019f



018f

02179_f

帰路は急坂のハーブ園の中を・・・

時間に余裕がありましたので、近くの造り酒屋(中澤酒造)で試飲し、純米の『松みどり』を酒好きの方へのお土産に。



061f

02181_f

さらに今回の目的の一つ、3年ほど前に紹介されて、行きたいと思いながら、月曜日が定休日ゆえ、これまで行けなかったのですが・・・

フランス料理の名店≪ア・ラ山田亭≫でビーフシチュウを食べること。


082f



069f

084f

無人駅(相模金子)を降りて、聞きながら、案内していただきながらようやく目的の店に。

小さなお店ですが、入れ替わりお客様が・・・

念願のビーフシチュウは楽しみにしていたとおりでした!!!

073


076

これで今回の目的は全て満点で、帰路に着く。

相変わらず、天気に恵まれて最高の・・・・

どこに行っても、富士山に見守られているような一日でした!!!

 

2017年2月 4日 (土)

春の小川を散策!!!     

1月26日:少し時間が経ちましたが・・・・

 

朝寝坊をして、外を見ると春の日差しが燦々と・・・

散策肩の痛みもほとんどなくなりましたので、久しぶりに身近な川沿いを歩くことに。

023


   

すでに紅梅、白梅があちこちで咲き匂っていました。

02155_capture_1


02155_capture



049



048

多くの住宅の庭には柑橘類の実がたわわに実っていますが、放置されているのはどうして???

   

トサミズキやマンサクも・・・

02158_capture


    

時間が遅いので??小鳥の声は少なかったですが、マガモ、セキレイなどがのんびりと。

02150_capture_5


045f



02147_capture_1_2



02146_capture_1



02146_capture

    

春の小川の歌はこんなものと・・・

050


051f


02151_capture


02152_capture


027f


036f

ゆっくり散策し、近くで昼食を。

    

観光地や繁華街もいいですが、やはり、なんでもない自然の中を歩くのが一番ですね!!!

   

そんな中、平らな舗装部分を歩く人たちがほとんどですが、折角ですから、できるだけ土や草の上を歩き、足のツボ??を・・・・・

 

 

2017年1月30日 (月)

≪車を使わない日帰りの旅は、楽しいですよ!!!≫

      

いわゆる観光地だけではなく、地図を見ながら、公共交通機関と自分の足で、自分で楽しさを見つける日帰りの旅を自分で企画して・・・

勿論、自分も含めて一緒に行く仲間の趣味、楽しみを最大限に組み込みます。

帰路には、必ず、地元の美味しい食べ物を食べて、疲れを取り、心身の癒しの内容を組み込みます。 

     

必要最小限の費用で、最大の楽しみを得るという、欲張りな内容です。

           

そのため、混雑や観光地での不快な扱いなどは全く関わりなく、同じ場所であっても、いつも新しい発見を経験し、自分たちだけの満足を得る旅に。

その際、メディアの発する15分おきに変わる天気予報は参考にはしますが、それを盲信して、準備をすることはありません。

    

最も重要なことは天気の状態を自分で読み、予想することです。

慣れれば簡単なことですし、次につながる知識になります。

長年の経験から、今ではほとんど100%の確率で自分の立てた内容の旅を完遂しています。

一緒に行く仲間には、天気に対応する服装、足元、雨具、食糧(コンビニや自販機のない場所も多いので)の準備をアドバイスし、一緒に準備します。

         

最近では、現地で暖かいものを飲食するために、むかし使った簡単な携帯コンロなどを持ち込み、お茶はもちろん、お雑煮、おでんなどまで・・・(幸せ!!)

とは言っても、カップラーメンやインスタント物はなるべく使わないように。

      

飲み物は日頃飲んだ時に、すこし多めに作って、空いたペットボトルに入れて、冷蔵、冷凍庫に保管しておきます。

コーヒー、紅茶、日本茶、スープなどなど・・・

ほとんど、自販機を利用することもありません

       

また、共通に使えるものについては、荷物がダブらないように、無駄のないようにして、身軽に少しでも旅を豊かにしています。

ゴミは最小限になります。

      

こんな旅をするようになったのも、車を手放したからです

車は遊びや旅(不便なところ)には最高に便利な文明の利器ですが、それ故に、それに頼り、甘えてしまうことで、身近な、足元の素晴らしい自然や物事を見過ごしていました。

また何より、足腰の衰えを最小限に防止できますよ。

目的地以外の、通過する道すがらの素晴らしいものを大切にしています。

    

メディアでよくやっている観光名所や有名飲食店は意識的に避けています。

それは放送局(NHKと言えども)、番組制作者やタレントたちが自分たちで歩き、経験した情報ではないので、それを信じて訪れる愚かさを何度も見聞きしているからです。

もっと言えば、人気タレントや著名人は日頃から家庭料理や自分の手料理を味わったことがほとんどないと思います。

楽屋で合間に食べているのは、時間に追われてインスタント食品やてんやものを、食べるというよりかきこんでいる姿です。

その上、お金がある人は高級な(高価な)場所で、高価な料理をいただくことはあっても、彼らが食を味わっているよりも、美味しいものだと思い込んで食べているだけのものでしょう。

ここまで言ってはいけないかもしれませんが・・・

 

特に、飲食物は人により好みが違うということを勘違いして、押しかける人が多いのが・・・苦笑

 

すべては、自分流の楽しみ方を!!!

 

2016年8月17日 (水)

天気予報を逆手に取って、奥多摩へ・・・万事、クリアして!!!・・・≪レンゲショウマ≫

15日(月)は、久しぶりに奥多摩の御岳山に出かけました。
天気予報は曇りのち雨、それもかなりの雨というもの・・・
夏休みでお盆ということで、普通の場所は混雑が予想されますが、あまり特徴がないと思われている御岳山は穴場です!!!
でも、知る人ぞ知る素晴らしい自然があり、昔から良く行ったものでした。
近年は野草の≪レンゲショウマ≫の大群落があるので、毎年この時期に行きます。
 お盆で夏休みのせいで、電車はラッシュもなく乗換が多いもかかわらず、乗り物ではすべて着席でき、予定通り9時半にはケーブルカー上に到着。
001
タマアジサイが美しい(タマアジサイの映像はあとの記事で)

003
ケーブルカー下
皆さんがせわしく出発する中、ゆっくり持参の弁当を・・・。
 
実は、以前行った時の経験から、月曜日はほとんど食べるところがないので、食事は持参することにしています。
 
朝から曇りだったため、これまでと違って涼しい風が気持ちいい。
 
目的の≪レンゲショウマ≫の群落地はすぐ近くで、すでに大勢の人がカメラの放列を・・・。
 
今年は何故か花がすべてかなり小さいように思えました。
4分咲きくらいなので、これから開花するものは大きく咲くのかもしれない???
 
カメラの三脚で、歩くのも不自由で混雑する場所を早々に切り上げ、自分なりのコースで観察!!!
 

005


011c


017c


019c


028c


030c





038c


048c
(ホトトギス)




053c051c(ツクバネソウの実)


060c
(お土産屋で・・・)

061
(矢島稔さんの邯鄲の・・・)

下山路にて・・・
075c
(杉の根株)
今回は頂上方面には向かわずに、次なる目的地に向かう。
 
予定では、このところ疲れもあって、無理に歩いての下山はしないつもりでしたが、意外に涼しく、疲れも思ったより無かったので、ゆっくり歩いて下山を・・・・
 
いろいろな下山コースがありますが、これまでと同じ、自然の恵みの多いコースを。
 
このコースはこの時期折々の楽しみのものが見られます!!!
 
しかし、ここでもミョウガの草丈が低く、目的の花芽は小さく、少なかったが、それなりに収穫・・・ありがとう・・・happy01
093c
東北の山菜として有名なミズは予想以上に多く見つかりましたが、やはり小さいものでした。
066c091
どこにもある香りのいい、野生のミツバも。
 
ケーブルカーの終点駅では楽しみになっている葉付きワサビを購入。
001c


004
 
手打ちのお蕎麦には最高ですよ!!!
帰ったら、そば打ちをやらなくては・・・
 
葉はピリッとしたお浸しで・・・
 
ここまでで12時でした。
 
予報の雨もないので、川が増水していないようなら、お目当ての多摩川での釣りを・・・
 
駅前からすぐ下が簡単に降りられ、素晴らしい渓流??を目指す。
 
時間は午後1時。
家族連れなどが川遊びをするくらいで、水もそれなりの量で、これなら間違いなく・・・
089
早速、竿を出す。
一投目から結構な当たりが!!!
 
しかし、ここは川下りの絶好のカヌー、川下りのメッカらしく、目の前を大型の(8人乗りくらい)ゴムボートが切れ目なく歓声を上げて通る。
 
カヌーも目の前で練習を・・・礼儀を知らない連中・・・不快
 
川下りのボートは、こちらに歓声を上げて・・・ちょっと困ったな・・・苦笑
 
そんな中でしたが、すぐに掛かった・・・あ~~~小さいな・・・放流
 
大きなゴムボートが切れ目なく、通り過ぎるたびに竿をよける中、良い当たりがあり、エサを獲られるが掛からないので、エサを変える。
 
すぐに目印に変化が????
いい感じの引きを合わせると、ヤマメが掛かった!!!
 
久しぶりのあの感覚がこんなに簡単に???
 
小振りでしたが、アマゴではなく、渓流の女王のヤマメでした・・・思わずにっこり。
096
10年以上前に作って使った仕掛けで、渓流用に短いものなので、これでは無理かなと、作り変えるかなと思っていた矢先でした。
 
そのころから、ポツリポツリ雨が・・・
予想通りでしたので、30分くらいでしたが納竿。
ここは上流にダムがあり、定期、不定期にダムから水の放出もあるので気を付けなくてはいけない。
 
駅前で日本蕎麦を食べようと探しましたが、奥多摩では名物にもかかわらず、全く見つからず、不本意ながらラーメン屋で・・・
残念ながら予想通り・・・despair
 
帰路は電車のつながりも悪かったのか、2時間以上かかって帰宅。
 
いつも通り、地元で一服と思ったが、全てお盆休みなのか・・・
 
仕方なく、後始末をして・・・・
 
今日は天気もよく(あまり暑くなく)、予定していたことは全て遂行でき、最高の旅でした!!!
 

より以前の記事一覧