フィッシング・魚

2017年12月10日 (日)

はぜ釣りと『オオバン』の救出!!!

再度、ハゼに挑戦・・・

今回は渓流釣りの延べ竿で、繊細な辺りをキャッチ。

自信の14尾

前回よりも小振りでしたが、小さな当たりも敏感に。

細い糸、繊細な竿に、取込みの緊張は渓流釣りとまでは行かないまでも、感触は最高!!!

005_2

007

010

011

012

014

009

018

  

   *********************

   

この日は良いことをしましたよ!!!

   

釣り歩いていて、オオバンが一羽バタバタと水浴びをしているように???

よく見ると、水浴びではなく船のロープに絡まったようで、必死に逃れようとしているようでした。

そばにはもう一羽が心配そうに、しかし何もできないでそばを離れずに・・・

どうすれば???

船のロープを引いてみると、片足が何かに絡まっているようで、宙づりになってしまいました。

どうしたら???

近くには何人かの釣り人がいましたが、気が付かないように???

(後で知りましたが、実は気が付いていましたが、どうしていいか・・・何もしないでただ眺めていただけらしい)

    

一羽の鳥ですが、どうしても助けてやりたい。

船に乗り込んでロープを外して助けるか??

110番、119番も考えましたが???

   

漁港を管理しているところがあるのではないかと、竿を置き去りにして、港の反対まで誰か船の関係者がいないか探しに・・・

人影のないところを建物の中に入りますと、関係者らしい人を見つけて、話をすると早速一緒に見に来てくれました。

途中、船の持ち主などに連絡を取ったらしく、来てくれるとのこと。

    

しかし、鳥は今にも溺れてしまいそうに・・・

その方が乗り込んでくれてロープを外せるか???

どうやらはずせそうもないとのこと。

しかし、こちらからいろいろ話をしている内に、いろいろ試してくれて、どうやら船からロープを外すことに成功。

    

そのロープを引き寄せ、鳥を引き上げてみると、やはりロープに絡まった釣り糸が足に・・・・

直ぐに鋏を取りに。

鋭い野鳥の爪に気をつけながら釣り糸をり離すことが出来、ほっと。

    

鳥を放してみると、元気よく水に飛び込んで、泳いでゆきました。

少しは怪我もしているでしょうが、元気になってくれることを。

 

良かったよかった!!!

    

協力してくれたその方にお礼を言って・・・

もう少し遅かったら、オオバンは・・・・・

もう、終わりにしようとして、以前釣ったところに行ってみたところで発見しましたが、

もう少し遅ければ・・・・・

虫の知らせか、何かの縁でしょうか??

   

その後、道具を片付けていると、先ほどのオオバンらしい一羽が仲間と離れてこちらの方を見ているように????

   

何となく心が晴れ晴れとして、バスの来るまで、相模川の土手に上がって、付近を・・・・

   

夢中で写真を撮れなくて・・・・

 

2017年11月28日 (火)

相模川河口にハゼ釣りに・・・いいかたが揃いました!!!

これから年末まで様々なことがありそうで、当分釣りらしいことは出来そうもない。

昨年の今頃は大岡川の河口辺りでハゼを釣って、佃煮にするんだと頑張っていたように・・・

  

今年になりシーズン初めに出かけてみましたが、海(?)の水のあまりの汚れにここではもう・・・

  

でも、ハゼ釣りは楽しみたい・・・あの独特の引きを味わいたくて・・・

  

そこそこ水がきれいそうな場所として、相模川の河口付近、平塚港に行ってみました。

はじめてで様子も判らず手探りでしたが、引きが強く良い形揃いで楽しめました!!!

  

そばの釣具店で状況を聞きましたが、ほとんど駄目との話でしたが・・・・???

やはり、他人の話ではなく、自分で探らなくては・・・

 

目的のものが釣れるのが一番の楽しみで、今はそれがほとんど実現できているのが嬉しい。

  

今後、ここも楽しみのテリトリーとして加えてゆくつもり。

  

今回のものは形もいいので、天ぷら仕様にさばいて満足!!!

 

2017年11月22日 (水)

久しぶりの江の浦は????・・蜃気楼???

ようやくバザーなどが終わり、少し余裕も出てきましたので、気分転換を兼ねて、仲間とともに江の浦に釣りに行ってきました。

012


010

028


030

   

予報では厳しい厳しい寒さと言っていましたが、それほどでもなく、曇りがちでしたが風もほとんど無く夕刻までゆったり楽しむことが出来ました。

   

江の浦は少々不便なので、仲間でなければなかなか行きにくい場所です。

   

ここではいつも変わったものやいろいろなものが釣れるので、嬉しいですね!!

今回は目的の場所では、そこだけが波が激しく、目的のものはあたりだけで釣り上げられなかったのですが、それなりに・・・

   

皆さんにる防波堤に戻って、いろいろな釣り方を試してみましたら、面白いものが・・・・

これでまた新しい魚のライブラリーが???

アナハゼ、イトフエフキ

018


022


017


温暖化で潮も変わり、こんなものも(ホンソメワケベラ)仲間が釣りあげました。

025


   

なぜか皆さんにはアイゴの大小がものすごくたくさん釣り上がっていました。

それ以外の魚はほとんど釣れていないのはやはり潮の流れが変わったというのが原因でしょうか??

いつも夕刻に来る釣り人も同様のことを・・・

   

日暮れが早いし、寒さも出てきましたので、切り上げてタクシーを呼んで・・・

タクシー会社の人も我らのことをよく知っているようで、有名人に???

 

帰りにはいつも通りの打ち上げを今回は焼き鳥店で思いっきり飲み食いして満足!!!

 

ずっと仲間の楽しむ様子を指をくわえていましたが、これで少しは気も・・・・(笑)

年内はこれで終わりかな??

   

いよいよ残った懸案に取り掛かることに・・・

 

これは蜃気楼かな???

向こうに見えるのは伊豆大島ですが、浮いて見えます・・・

 

031

 

033jpgf

 

2017年11月14日 (火)

想像以上に酷い防波堤の痛み・・・釣り禁止!!!

  

先般の台風は風は大したことは無かったのですが、海が荒れて、強く大きい波が押し寄せたようで、湘南方面の防波堤が相当傷んでいます。

   

そのため、仲間からの話によれば、防波堤そのものが破損したものもありますが、安全のための防護のフェンスに被害が多いようです。

  

その復旧には相当の時間と費用が掛かるらしく、当分立ち入り禁止とのこと。

  

テレビで報道されましたので、ご存知の通り、江の島のヨットハーバーでは、陸にあげて、係留してあったヨットが倒れたり、真っ二つになったものなどがあり、これまでにない被害らしいです。

   

ちょうど良いシーズンですから残念です。

  

ただ、海が荒れたために溜まっていたゴミやヘドロなどが少しは流されて、綺麗になったかもしれないので、再開時には期待できそうですが・・・・

2017年11月11日 (土)

先般の台風で防波堤が傷んだところが多いので・・・・

何号でしたか、前々号の台風の波で、湘南の防波堤が傷んだりしたために、立ち入り禁止になっているところが出ています。

風としては何もなかったようですが、波が高く、防波堤を乗り越えて江の島のヨットハーバーが相当被害が出たようで、陸にあげられていたヨットの多くが倒れたりして、壊れた映像をご覧になったと思います。

釣り場として利用している場所もフェンスが壊れたところが多く、危険なので立ち入り禁止に。

気晴らしに大磯に行こうとして市役所に聞きましたら、ひどく壊れたようで当分入れないとのこと。

しかも、回復には相当費用が掛かるので、見込みがつかないとのこと。

仲間の情報では、間もなく入れるようになると聞いてきましたので、楽しみにしていましが残念。

先般から、あちこちに釣りに行った仲間からはやはりこのあたりは壊れているところが多いようです。

しばらくは釣りはお預けかな???

釣りには良い時期だけに残念。

この間、いろいろな片づけ事をしましょうかね・・・・

2017年10月 7日 (土)

≪アケガイ≫を・・・酒蒸しで・・・

先日、スーパーで珍しいもの(スダレガイ)を発見、早速、酒蒸にしていただきました。

 

アサリより相当大きく、食べごたえがありました。

 

売られていれば、お勧めですよ。

002

 

ラベルには愛知県産のスダレガイと書かれていましたが、『アケガイ』ですね。

6㎝から7㎝位で、大きな赤い水管が目立ちます。

ビーチコーミングでは、確かまだでは???

 

2017年8月10日 (木)

ハゼの育ち具合を???

昨秋から始めたハゼ釣りでしたが、今年のハゼはどうかな???

    

何回も行った大岡川のハゼは赤潮のせいか、先日の試釣りでは全く反応もありませんでした。

その上、上流から流れ込んでいる下水やごみでヘドロがものすごく、悪臭でとても釣りをする状況ではありませんでした。

     

そこで、昔からハゼでは有名な大森海岸はどうなっているか、気になっていましたので、状況を調べに???

このあたり、平和島などの埋め立てや川の汚れなどで、ハゼの奇形などで有名になり、いくらハゼがいたとしても、釣る気にならなかったのです。

02590_edit_capture


02590_edit_capture_2


02590_edit_capture_3


02590_edit_capture_5


    

数十年経って、近年だいぶん水質もよくなり、潮干狩りや海水浴もできると聞いていましたので、今年のハゼの育ち具合と海の(京浜運河ですが)状態を見に行きました。

    

台風が近づき、釣りにならないかもしれないと思われましたが、昼ごろまででもと・・・

    

着いた時には雨も降らず、風もない絶好の条件でした。

潮は引いていましたので、底の状態はまずまずで、石にもヘドロが見られませんでした。

しかし、海底には泥が溜まっているらしく、船が通るたびに濁りで何も見えなくなります。

時折、悪臭も・・・

水の引いた石にはイガイなどがびっしりと、ホトトギスなど貝が多いのは、水が汚れているからでしょう。

    

とりあえず、竿を出すとすぐにハゼが掛かってきました。

   

しかし、この時間は潮が引いて、動かないので、当たりはあっても喰いは良くない。

    

3時間ほどはほんのポツポツくらいでしたが、潮が満ちはじめた1時ころになると、入れがかり状態になりました。

     

型も7~10cm位まで混じって順調に育っているようでした。

潮の様子を見てゆけば大釣りも・・・

さすがにこの暑さと台風報道の影響で人はほとんど見当たらない。

12時で納竿のつもりが3時まで。

    

暑さで疲れもあり、天候も変わり始めたので、帰路に就く。

これから楽しみに!!!

   

それにしても、大きなボラが目の前で始終ジャンプし、仕掛けの付近をうろうろするのが迷惑・・・苦笑

サッパも・・・

2017年7月31日 (月)

大磯へ釣りの下見????

27日:久しぶりに大磯に釣りに・・・

    

ちょっとした面白い情報があり、確認してきました。

情報通り、面白い釣りができました。

    

幸い気温が低く、風もあり、心地いい日和でした。

 

大磯駅に着いたのは午前8時。

港までの道すがら、クマゼミの声が耳をつんざくくらいに、けたたましく・・・・

先般来た時には、釣り場(?)は大きな浚渫船が占拠していて、釣りになりませんでしたが、完了していました。

    

目的は、ある隠れた場所を確認することと、シーズンのキスを釣ることでしたが、キスは引きすらなく、全く釣れませんでした。

 

今迄挑戦しなかった場所では、期待通り、面白いものがいろいろ釣れました。

大きなものを釣ることにはあまり興味がなく、むしろ小魚や魚屋に並ばない変わった魚を釣ることが興味の中心です。

     

小さなハゼから始まり、変わったカワハギ(アミメハギ?)、タカノハダイ、毒針が怖いハオコゼ、綺麗なキヌバリ、カゴカキダイなどなども見られて、次回はここで集中的に狙ってみようかな???

02583_edit_edit_edit_capture


02583_edit_edit_edit_capture_3


02584_capture_1


02586_capture_1


02588_capture


    

これまで必ず釣れていた場所でキスが全く釣れなかったばかりか、当たりすらないということに????

   

その原因は、最近まで大きな浚渫船が動き回って、轟音も酷く、浅くなった海底を浚渫していたために、その際に出る砂や土で、海底はそれらで覆われてしまったのではないかと・・・

これから嵐などでこれらが流されたり、落ち着いてくれば、魚が戻ってくるものと。

また、いままでは海底にたまったいろいろなもので、根掛かりが酷かったのが解消されるものと!!!

 

一つ台風が来てくれれば・・・・楽しみ!!!

 

2017年7月20日 (木)

久しぶりに『江の浦』に・・・釣果もまあまあですが、有り難くないお土産を・・・

江の浦は、少々不便なので、なかなか行けなかったのですが、連休の最終日に行ってみました。

7時と遅めの出発。

このところ、むし暑い日々が続いていますが、前日までの予報は60%が雨という???

自分の予測は曇りで、雨がパラつくかもしれない。

連休で電車はガラガラ。

現地着いたのは九時過ぎ。

釣具屋さんで聞けば、あまりと???

今日は目的を絞っていますので、そんな話は気にならず、参考までに聞いておく。

予想通り、防波堤は結構うまっていましたが、仲間に良い場所を確保して、一人、別の場所へ・・・

連休の間に多くの釣り人が入っていたのでしょうし、すでに何人かが入っていました。

そんなことは自分には問題はないと・・・

ゴロゴロした海岸を探りながらゆっくりと。

始めに来たのはよく太ったオスのベラ・・・良く引きました。

004_2

同様にこんな所という場所で次々と。

関東の皆さんはベラは持ち帰らないで捨てていますが、塩焼きにすれば何とも言えないさっぱりした魚ですから、持ち帰ります。

そのうちに、少し違った引きで上がったのは、ムラソイの良い型でした。

02582_capturef_2


003

目的のものが何とか釣れたので満足!!!

その後も、大きなベラをいくつか釣り上げて、引き味を楽しんで、何度か、転んだり、尻餅を付いたり、悪戦苦闘して仲間の場所に。

002

石の海岸を歩くのは流石に気を遣う。

一度は大転びして、向う脛を打って、腫れ上がっていました。

骨折しなくて良かった。

歳を取って、バランスが悪くなったのが悲しい。

連休中は釣り人も多いが、そばで海水浴をしているという悪条件(?)でしたが・・・

 

それでも、今回の当初の目的を達成したので、もう、満足!!!

このあたりは、渓流釣りで磨いたあることが生きたのでしょうか。

その後は夜釣りをするつもりで来ましたので、ゆっくり、皆さんの様子見を・・・

夕方になり、いつもの常連客が来て、あっという間に小振りながらカマスをバラバラ釣りあげて、目的のものが回っていないと言いながら、去ってゆきました。

我々は暗くなった防波堤で魚を追いましたが、月がなく、持って行ったカンテラなどではどうにもならないので、危険でもあり、午後8時を過ぎましたので、帰路に付く。

それぞれに満足はしましたが、夜釣りはこれきりにしようと・・・

 

電車のつながりも悪く、帰宅したのは午後12時に。

疲れました!!!

今後は、無理なことはしないことに。

 

それにしても、ここではいつもの困ったお土産をいただきます・・・・苦笑

海に居るブヨに刺されたことです。

他ではあまりいないのですが、ここ江の浦では予防はしていましたが、やはりやられてしまいました。

これから数日は痒みに悩まされます。

 

釣ったムラソイは煮付けにして、大きなベラは塩焼きで・・・最高

007


002_2

少ないながら狙ったものが釣れたのが一番です!!!

これで暑い間は海釣りはお休みです。

 

 

 

2017年7月13日 (木)

ハゼの湧き具合を見に行きましたが・・・・

今年のハゼは???

    

昨年初めて、本格的にハゼに挑戦。

時期は遅かったのですが、結果は上々でした。

    

待ちかねて、育ち具合を試し釣りに行ってきました。

昨年の場所(大岡川の河口近く)に行きましたら、川の水は赤黒く濁って、悪臭が・・・・

赤潮が発生しているようでした。

試しに、あちこちに竿を出しましたが、全く反応はありません。

赤潮が流れ着いていない僅かに残った浅いところには数匹のハゼがいましたが、濁ったところには何も・・・

ただ、30cmクラスのボラが泳ぎ回っていて、苦しいのかジャンプをしていました。

ドブのような匂いがあまりにも酷いので、少し上流の野毛近くまで様子見に歩いてみましたが、赤潮と濁りで、悪臭も変わらないので、2時間余りの午後1時に・・・

    

以前からこの川のことは気になっていましたが、この川の流域は住宅地と商業地が多く、下水が流れ込んでいて、川底にたまったヘドロと赤潮の影響で、このような状態になっているのでしょう???

しかも、このところ雨も降らないので、川沿いを歩いているだけでも、この悪臭は堪らないくらいでした。

とても釣りをする気にならないと・・・・・

    

今後、ここでのハゼ釣りは?????

   

    *****************

    

こうして、これまで行った多くのところ(防波堤)で、同様の状態を知るにつけ、今後、釣りに行き、また釣った魚を食べるということになれば、限られたところになりそうです。

より以前の記事一覧